【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》電王ベルト & ケータロス【仮面ライダー電王 10th ANNIVERSARY】

      2017/10/07

CSMデンオウベルトイメージ

COMPLETE SELECTION MODIFICATION DEN-O BELT & K-TAROS(CSMデンオウベルト&ケータロス)

今回ご紹介するのは、プレミアムバンダイから発売されました『COMPLETE SELECTION MODIFICATION DEN-O BELT & K-TAROS(CSMデンオウベルト&ケータロス)』です。

10周年記念という事でセット内容も気合いの入った超・超てんこ盛り仕様!!
10年経った今でも根強いファンを持つ電王だけに、コレを待ち望んだ人も多いはず。

先に発売された『NEWデンオウベルト』ですが、今回のデンオウベルト&ケータロスは、
これを元にさらにブラッシュアップされたホントにホントにデンオウベルト決定版!!

 

箱正面

箱斜め

外装

中蓋正面

中蓋斜め

中蓋

登場作品 仮面ライダー電王
メーカー バンダイ(プレミアムバンダイ)
メーカー希望小売価格 21,600円(税込み)
発売日 2017年9月25日(発送日)
全高 -

スポンサーリンク

商品内容

梱包

いつも通りの梱包で届きました。

 

商品自体の外装はソードフォーム、
そしてフタを開けると、クライマックスフォームの中蓋が現れます。

外蓋を開ける前にもちょっと顔をのぞかせていたんですが、
中蓋の四辺、四隅には、

モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロス
4人のイマジンがさりげなく入っているのが何ともオシャレ。目がハート (顔)

 

さらに中蓋も開けてみるとこんな感じに入ってます。

 

一式

デンオウベルト&ケータロスのセット一式。
見た目にもかな〜り充実のセットですね〜。わーい (嬉しい顔)

では、準備を

ベルト止め

ベルトはこれまで同様、後ろで止めるクリップ式。
その上からマジックテープ式の「ベルト止め」を巻きます。

 

ベルト止め装着ベルト止めを付けるとこんな感じ。
がベルト止めを付ける前、が付けたもの。

ベルトを一番短くするとこんなにカッコ良く付けられますが・・・

 

ベルト調節

オッサンの腰はそんなに細くないので、
ベルトの長さ調節するとこんな感じになっちゃいます。。。冷や汗 (顔)

デンオウベルト

ベルト01

ベルト02

ちょっと写真では分かりづらいですけど、
4つのカラーボタンは、メタリックでとてもキレイ。

 

ベルト04

これもちょっと画像では分かりづらいですが、冷や汗 (顔)
矢印の周りに細〜い穴が開いてて、
ここがスピーカーになってます。

見栄えを損なわない様になっているのですね〜。わーい (嬉しい顔)

 

ベルト05

"DEN-O SYSTEM" のロゴがキレイに入ってます。

前面のカバー部だけがダイキャスト製ですが、
その周辺部分も金属製かと思わせる非常にキレイなメタリック塗装。

 

ベルト06

こちらは底面。
BGMボタンが着いています。

実際にベルトを腰に巻いていると、
BGMボタンを押す時に手で場所を探っちゃいますが、
これも見た目を損なわない為の配慮ですね〜。

 

こうして、前面、天面、底面を見ても非常に塗装もキレイだし、
造形、形状、ラインも非常に精巧ですねdouble exclamation

 

バックル分割線

この画像は以前レビューした『ファイズギア』ですけど、
このベルトでちょっと残念だと思ったのが、
この成形の合わせ目、分割線だったのですよね〜。

構造上やむを得ない部分はありましたが、
ちょっと気になった部分でしたね〜。。。

 

しかし今回のデンオウベルト
こういう気になる分割線が無く、
非常にキレイな組み方がされてますね〜。うれしい顔

 

ベルト07

ベルト裏面。
左側にあるのが電池ボックス。
単4電池2本を入れます。

 

ベルト08

右側にあるのが、
電源スイッチと、イマジンモードのON/OFFスイッチ。

 

最初、イマジンのセリフを言わないので不具合かと思っちゃいましたが、
この「イマジンモード」のスイッチを入れないと喋らないのですね。冷や汗 (顔)

まぁ、ベルトは通常喋らないですからね。。。

 

ベルト09

ベルト部も非常にキレイ。
黒の成形色にシルバーの塗装がされており、

ベルト10

軟質素材で出来てて、
こんな風にねじる事が出来ます。

パッと見では、
これがねじ曲げられる様には見えないのがイイですね〜。わーい (嬉しい顔)

 

ベルト11

ベルト裏面。
ヒモベルトになってて、長さ調整が出来る様になってます。

裏から見ちゃうと、ちょっと不格好ですかね・・・。猫2

変身時ライトギミック

変身01

平常時状態。

 

プラットフォーム

プラットフォーム
白色発光ですね。

イマジンモードON状態でこのまま放置しておくと、
約25秒後に4人のイマジンが乱入憑依して来ます。うれしい顔

 

ソードフォーム

ソードフォーム。
発色がいいですね〜。わーい (嬉しい顔)

このフォームでも何もしないで放置しておくと
他のイマジンがランダムで乱入憑依して来ます。わーい (嬉しい顔)

他のロッド、アックス、ガンの各フォームでも同様です。

ロッドフォーム

ロッドフォーム。
非常に鮮やかな青色。

 

アックスフォーム

アックスフォーム。
動画で比べていますが、
DX版が少しオレンジっぽかったのが、
非常に「黄色」っていいう感じのレモン色の
くすみのない色になっています。

 

ガンフォーム

ガンフォーム。
こちらも
DX版ではもっと青っぽく混ざった様な色でしたが、
非常に発色の良いクリアーな紫色になっています。

 

この他、『ネガ電王』に変身する際には
赤、青ボタンの同時押しをしますが、
この際にはソードフォームと同じ赤色発光になります。

 

ライダーパス

ライダーパス。
ツヤ消しブラックでキレイな作り。

・・・ですが、

ベルトに何度か「カツン」とやっちゃって、
1日遊んだだけで結構キズが着いちゃいましたね・・・。がまん顔
(裏面の白くなってるトコ)

チケット

チケット01

チケットは、この6枚が付属。
さすがDX版とは違ってプラスチック製の薄々カードになってます。
ライダーパスの抜き差しもし易く、痛まないのがイイですね〜。わーい (嬉しい顔)

 

チケット02チケット裏面。
裏面は全部同じ絵柄で、DX版より黒っぽくなっています。

ケータロス

ケータロス01

ケータロス、折り畳んだ状態。

 

ケータロス02

ケータロス、展開時。
あぁ、昔のガラケーですね。猫2

そういえば最近のライダーや戦隊は
変身にケータイとかスマホっぽいモノ
使わないですね〜。

 

ケータロス03

ケータロス画面部。
このが非常に美しいdouble exclamation

キャンディ塗装の様な
(イヤ、実際そうなのかな??)
透明感のあるキラッとしたメタリックカラー。

こういう赤色ってスキだなぁ〜。目がハート (顔)

 

ケータロス04

ケータロス操作部。

 

ケータロス05

ケータロスの電源スイッチ。
装着時の底面にありますが、なんかスイッチの上部分の成形が
ガビガビってなってますね・・・。冷や汗 (顔)

 

ケータロス06

ケータロス装着時天面。
変身スイッチはクリアパーツにシルバー塗装がされており、
パッと見シルバーで、操作時には赤く発光します。

そして下の黒い部分がスピーカーになってます。

 

ケータロス07

キラッと、非常に美しい・・・。

 

装着時

ケータロスやG電王バックルを装着する際には、
ベルトの前面カバーを取り外して取り付けます。

この前面カバー、ダイキャスト製で、
これだけで持っても、結構重いんですよ〜。

ダイキャストが使われていると、
ナゼか嬉しくなってしまうオッサン。。。猫2

 

ケータロス装着

ケータロスをベルトに取り付けるとこんな感じ。

この装着がちょっとしづらいんですよね〜。。。
変身音が鳴っている間に取り付けようと思っても
結構もたついて終ってしまいます。。。冷や汗 (顔)

で、操作部側もベルトに「ガシッ」とはめ込むんですが、
これもまた結構固めで、
画面側を押さえながらハメ込まないと
画面側も外れてしまうのがちょっと難点かなぁ〜。

 

操作部側をガシッとはめ込むと、
画面側の「角」がパチッと飛び出して来ます。

G電王

G電王バックル

G電王のバックル。

実を言うとG電王って見てなくって、
あんまり思い入れがないんですが・・・。冷や汗 (顔)

 

ライダーパス(G電王Ver.)01

ライダーパス(G電王Ver.)の表面、裏面。

あまり思い入れはないものの、
多分コレが入ってるのと入ってないのとでは
今回のセットの重みが違うんじゃないかな〜
とも思える非常にキレイな作り。

ベルトの変身操作自体は
通常のライダーパスでもG電王Ver. でも出来るんですが、
雰囲気味わうには充分なインパクトがありますね〜。うれしい顔

動画レポート《電王命の娘が遊んでみた》

今回は、電王を愛してやまない娘に開封して存分に遊んでもらいました~。わーい (嬉しい顔)

正直、イマジン達の声や劇中BGMに圧倒されて興奮するばかりの娘ですが、
その完成度は伝わるかと・・・。

総 評

今回の超てんこ盛りなCSMデンオウベルト&ケータロスの南東的評価は

(5.0)

星5つですdouble exclamation

 

もうね、触っててメチャクチャ楽しいdouble exclamationうれしい顔

セット内容もさることながら、
とにかく収録音声がこれでもかexclamation
ってくらい入ってます。

もうとにかく「イマジンモード」というのが秀逸。

これが280種類以上の録り下ろしセリフというのですから
もう圧巻ですよdouble exclamation

 

以前レビューした『ファイズギア』よりも
オプションパーツとしては少ないし、
それによって「機構的な遊び」も当然少ないワケなんですが、
正直満足度は今回の『デンオウベルト&ケータロス』の方が高いです。

放置しておくと乱入してくるイマジン達の騒々しさの表現とか
LED技術をふんだんに使用した発光ギミック、

そしてBGM!!

 

実はこのBGMが僕の中では非常にポイント高くてですね、

BGMというだけに、
バックグラウンドで曲が流れている上で
イマジン達がセリフを喋る、そして変身するってのがね、
もうホントに劇中シーンを思い起こさせるワケですよっdouble exclamation うれしい顔

 

実のところ『ファイズギア』でもう一点残念だと思ったのが、
この、音声を2つ同時に鳴らせない、ってトコだったんですね〜。

せっかくの効果音が鳴っているところで
キー操作をしちゃうと、効果音がそこで切れちゃうのが
ちょっともったいないなぁ〜・・・・・

というのが当時の感想でしたけど、
まぁそれはやむを得ないのかなぁ、とも思ってました。

 

けど今回スピーカーを駆使しているのでしょうね、
テーマ曲に乗せて変身、イマジン達のボイスも聞けるワケで
コリャもう、感動せずにはいられないでしょうdouble exclamationdouble exclamation

 

電王ファンなら、
このBGMとイマジン達のボイスギミックだけで
その世界にドップリ浸れる事間違い無しですよ うれしい顔

コレが21,600円というのは、非常にプレイバリューが高いexclamation

Amazonでは定価よりちょっと高くなっちゃってるかな?

という事で以上、CMSデンオウベルト&ケータロスのレビューでした〜。わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - ライダーベルト レビュー 仮面ライダー ,


コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください