【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》CSM ファイズギア【仮面ライダー555】

      2017/11/15

CSMファイズギアイメージ

仮面ライダー555 COMPLETE SELECTION MODIFICATION FAIZGEAR

今回ご紹介しますのは、大人の為の変身ベルトシリーズ 『COMPLETE SELECTION MODIFICATION(コンプリートセレクションモディフィケーション)』から登場の、仮面ライダー555、『ファイズギア』になります。

梱包

セットBOX

表面

裏面

 

登場作品 仮面ライダー555(ファイズ)
メーカー バンダイ(プレミアムバンダイ)
メーカー希望小売価格 30,240円(税込み)
発売日 2016年9月
全高 -

すっかり出すタイミングを外してしまいまして、
届いたダンボールのまま開けずに置いてましたが、
せっかくなので、年内中にと思いレビューしてみました。

ちょっとこれまでレビューして来た様なフィギュアやロボットと違い、
電池を入れて発光、音声が出る『変身ベルト』という事で、
ブログだけではちょっとお伝えしづらいなぁ〜、と躊躇してたのもあったんですが、
最近YouTubeの方もちょこちょこ使い始めたんで
ここぞとばかりに出してみました 冷や汗 (顔)

スポンサーリンク

CSM (COMPLETE SELECTION MODIFICATION) とは

カタログ02

こちら、同梱されていたCSMのカタログです。
CSM発売の歴史が予約受付中のものも含めて年表で書かれていますが、
仮面ライダー1号のベルトが出た時には、
まさかここまでのシリーズ展開になるとは思ってなかったですね〜。

カタログ03

そして、こちらがカタログの裏面です。

『ベルト』への熱い思いが語られています。
「アンケートで商品化希望ぶっちぎり1位のファイズギアを商品化させていただきました」
とありますが、「へえぇ〜〜〜、そうだったんだぁ〜」とファイズの人気を再確認するとともに納得。

そして、プレミアムバンダイのCSMサイトにはこう書かれています。

「大人の為の変身ベルト」として一世を風靡したCOMPLETE SELECTIONシリーズから派生したシリーズ。
従来の商品を新たな造形手法で“MODIFY”=モディファイすることで、当時再現できなかった「ギミック」と「バリュー」を実現。
CSMシリーズは「大人の為の変身ベルト」を追求し、時代と共に進化を続けていく。

つまり、大人の変身ベルトとして、アレもやりたい、コレもやりたいを詰め込んだシリーズなワケですね〜。うれしい顔
それだけに、大人な値段ですけどねぇ〜〜〜。。。げっそり (顔) ウヘェ〜

「末永く愛されるシリーズを目指して頑張ります。」とありますので、
今後も楽しみな商品展開を期待して良さそうですね わーい (嬉しい顔)

ファイズドライバー開封

セットBOX

う〜ん、しかしこのBOXはちょっとガッカリ感が・・・。

ファイズギアのセットなら、そうしっかりしたアタッシュケースとは言わないまでも、
もう少しプレミアムな感じのBOXは欲しかったかなぁ〜。

これ二つのBOXをまとめるだけの、ペラい紙ワクですからねぇ〜。。。考えてる顔

って言うか、『ファイズギアボックス』って名前で、アタッシュケース別売してるんですね。

 

まぁ、いいや。
気を取り直して、開封〜。
まずは、ファイズドライバーから。

ファイズドライバー

おぉ〜〜〜〜〜exclamation

まるで鉄の塊が出て来た様な、
ひんやりとした重厚さを感じます。

取説&カタログ

上記でも出しちゃいましたが、取説&カタログ。

ファイズドライバー一式

うおぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜!!

本物だよ〜〜〜double exclamation
本物じゃないけど、本物だよ〜〜〜。

今回、ファイズポインターやファイズショットがセットになった
『ファイズギア』の方を購入しましたが、
『ファイズドライバー』の方はこのセットのみになるのですね。

コレ、実際はプラスチック製なんですけど、
いやいや、メチャクチャキレイですよね〜 ふらふら

腰に巻いていない状態だと、ベルトの裏側がヒモベルトなんでアレですが、
このスゴい重量感double exclamation

ミッションメモリー

ミッションメモリー

しかし、ミッションメモリーの銀色の部分はダイキャスト製になっており、
触るとひんやり、こんなに小さいにも関わらず、重みを感じます わーい (嬉しい顔)

ファイズドライバー

ファイズドライバー04

 

ドライバー01

ドライバー02

ドライバー03

この緻密なモールド。。。

塗装もキレイだし、各モールドのエッジがパキパキッとシャープなので、
非常にメカニカルな感じがして、とても見栄えが良いですね〜 黒ハート

しかし、ちょっと残念ポイントはココ

バックル分割線

コレ、バックルを上から見たとこですけど、
ガッツリ分割線が見えちゃってますね。
底面部分も同様です。

製造工程上、仕方ないかとは思いますが、
もう少し目立たない様には出来なかったんだろうかなぁ。。。
まぁ、腰に巻いちゃえば気にはならないんですけどね。

 

ベルト

そして、ベルトの内側はヒモベルト、
サイドバックルはマジックテープ止めなんですね。。。
ココはややチープに見えますが、腰に巻いてしまえば見えませんdouble exclamation

・・・・・・・・

と言いたい所なんですが、

ベルト後ろ

僕のウェストに合わせると、
後ろから見たとき、こんな感じなんですよね。。。げっそり (顔)

ヒモベルト、丸見えですね。。。
ヒモベルトのロック部分も、バックル(ベルト止め)で隠すには左すぎるし。。。
上の「マジックテープ」と併せて、もう少し「らしく」出来なかったのかなぁ・・・と。

オッサンのウェスト、そんなに細くないから!!!

 

ベルト横

今回のCSMファイズドライバーでは、
ベルト部分が軟質素材の一体型になってるんですね。

僕は持ってないんですけど、
以前発売されたDXファイズギアでは、
このベルトの部分が個別の細いパーツがつながった形になってて、
ベルトを持った時にジャラッとした感じになってたんですよね。

そういう作りって「おっ、スゴい!」ってなるんですけど、
実は、劇中のベルトは今回のCSMの方が見た目には忠実なんですよね。
(本来の設定ではジャラッとなってる方が正しいのかもしれませんけど。)

軟質素材のせいか、
他の部分のパーツに比べると見劣りしてる感は否めませんが、
「劇中を再現する」という視点で再考されたのだろうな、と思います。

 

バックル電池

ベルトバックルの電池ボックスはネジ止め式です。
単4電池2本が必要です。

ファイズフォン

ファイズフォン01

ファイズフォンにミッションメモリーを挿した状態。
ホロシール(緑の部分)が昔のガラケーの外側液晶みたいで
良い感じですよね わーい (嬉しい顔)

ファイズフォン02

ファイズフォン背面。
右側が電池ボックスのフタになっており、
黒い部分の穴を細い棒を挿しながら開きます。
こちらも単4電池2本。

思ったよりも重さがあり、存在感があります わーい (嬉しい顔)

ファイズフォン01

ファイズフォン02

ファイズフォン03

非常にシャープなエッジが効いており、
シンプルな造形を完全再現されていますねexclamation

ただ、この数字キーについては、
劇中のボタンより少々四角くなっていますね。
劇中のボタンは、もう少し角が丸くて
サイズももう少し小さかったですが、
押しやすさを考慮したんでしょうかね、
少々アレンジされてる気はしました。

ファイズギア開封

それでは、もう一つのBOXを開封〜。

ファイズギア

こちらは『ファイズギア』セットを購入のオプション的アイテムですが、
オプションと呼ぶには充実しすぎた内容ですよね〜 うれしい顔

ファイズギア一式

こちらの単品売りは無いですし、やっぱりベルトがあれば、
こっちも欲しくなっちゃいますよね。。。冷や汗 (顔)

ファイズドライバー05

ファイズドライバーに、ファイズポインター、ファイズショットを取り付け。

 

ファイズポインター

ファイズポインター電池

ファイズポインターの電池ボックスはネジ止め式。
こちらも単4電池2本。

ファイズポインター01

ファイズポインター02

ファイズポインター03

ファイズポインター04

ファイズポインター05

ファイズポインターにミッションメモリーを挿した状態です。
これまた非常に美しい造形をしています。目がハート (顔)

今回のセットの中で、
造形的にはもしかして一番好きかも。

ファイズフォンももちろん良いんですが、
やはりモールドがどの面から見てもギッチリ入っているせいでしょうかね。
スゴくグッと来るものがあります。

レッグホルダー

脚に装着して、ファイズポインターを取り付ける為の
レッグホルダーですね。
脚への装着は、ベルト同様のヒモベルトになってます。

レッグホルダー裏

レッグホルダーの裏面。ファイズドライバーの裏側見る機会はあっても、
レッグホルダーの裏側見る機会って無いですよね わーい (嬉しい顔)
それでもちゃんとモールドがシッカリと入ってますね〜。

ファイズショット

ファイズショット電池

ファイズショットの電池BOXはファイズフォンと同様、
穴に細い棒を挿して押さえながらフタを開きます。
単4電池3本になります。

ファイズギアセット、必要な電池は
合計、単4電池9本となります。

ファイズショット01

ファイズショット02

ファイズショット03

押せるボタンは限られてはいますが、
各部かなり精巧に作られてますね。わーい (嬉しい顔)

このカメラもまた時代を感じさせるデザインではありますよね。

ファイズショット04

ミッションメモリーを挿した状態。

ファイズショットグリップ

ミッションメモリーを挿すと、
ファイズショットのグリップを開く事が出来る様になります。

遊んでみよう!(フォンブラスター)

ファイズフォンは、本体画面側を変形させる事で『フォンブラスター』にする事も出来ます。

フォンブラスター01

コード入力を、劇中と同様
下記の様に入力すると、モードが切り替えられ、

103+ENTER:シングルモード(単発)
106+ENTER:バーストモード(3連発)
279+ENTER:チャージ

トリガーを引くと、射撃音がなり、
弾切れになったらチャージで弾を補充出来ます。

けどコレ、
変形させた時でなくても、
ファイズフォンたたんだ時でさえも、
トリガー引くと射撃音鳴っちゃうのはちょっと残念かなぁ〜。

 

フォンブラスター02

また、アタッチメントを装着する事で、
ファイズポインターをスコープの様に
フォンブラスターに取り付けられる様になります。

特に発光ギミックや音声ギミックが追加されるワケではありませんが、
見た目的に「カッコ良く」なります。わーい (嬉しい顔)

 

遊んでみよう!(ファイズポインター)

ファイズポインター遊び01

ファイズフォンからミッションメモリーを外し、

ファイズポインター遊び02

ファイズポインターに装着exclamation
するとファイズポインターから「レディ」という音声が聴こえますdouble exclamation

レッグホルダー取り付け01

脚に装着したレッグホルダーに、
※見苦しいものお見せしてすみません・・・。<(_ _)>

レッグホルダー取り付け02

ファイズポインターを取り付け・・・

ファイズドライバーENTER

ファイズドライバーのENTERを押すexclamation

555_01

キュイーーーーン・・・・・・(※フィギュアです。)

ピピピピピ・・・・

ピピピピピピ・・・・・・・
(おぉっ!Φマークに発光する!!!!コレは本当)

005_02

やあぁーーーーーーーーーーー!(※フィギュアです。画像加工もしてます。)

 

楽しい!!(一人妄想含め)

 

何と言っても今回のCSMファイズギアのウリは、
このファイズフォンとファイズポインター、ファイズショットとの通信による
発光と音声ギミックですよね double exclamation

「キュイーーーーン」って音が
ファイズフォンからファイズポインターに移って行くのは
とっても面白いですよ〜〜〜〜 うれしい顔

遊んでみよう!(ファイズショット)

では次にファイズショットで遊んでみるよ!!

ファイズドライバーENTER

ファイズショットにミッションメモリーを挿して
「レディ」と聴こえたら、ファイズフォンのENTER!!

ファイズショット遊び01

「キュイーーーーン」ファイズショットに挿した
ミッションメモリー部分が光りますexclamation

その後、
「キュイーンキュイーンキュインキュインキュインキュインキュキュキュキュ・・・・」
という待機音に変わったら・・・

ファイズショット遊び02

グリップのボタンを押してグランインパクト!
「シュパーーーーーーーーン!」

さらに、

ファイズショットパンチ

ミッションメモリーを挿してない時に
グリップのボタンを押すと、「パシャッ、パシャッ」とシャッター音が鳴るんですが、
挿している時にグリップボタンを押すと、
「ズンッ、ズンッ」と打撃音に変わるんですね〜 うれしい顔

グランインパクトの時とは違って、フラッシュ部分が発光していませんね。

コード入力遊び

こういった、ケータイをモチーフにした変身玩具では
必ずと言っていい程付いている要素「コード入力遊び」

もちろん、このCSMファイズギアにも付いていますdouble exclamation

コード入力遊び

遊べる入力コードは、
何とこんなにもあります うれしい顔

しかも、右ページの音声は、
劇中にあった名台詞を、
乾巧役の半田健人さんご本人が録り下しで収録されているのですね〜。
これはスゴいです。黒ハート

実際の音声は、動画の方で一部ご紹介していますので、
ぜひご覧くださいね〜。

動画レビュー

CSMの動作や発光、音声などを動画レビューの方でまとめてみました。
宜しければご覧ください。

総 評

さて、今回購入してからだいぶ寝かせてしまったCSMファイズギアですが、
このCSMファイズギアの南東的評価は、

(4)

となります。
まぁ、ぶっちゃけ・・・・、高いですよね 冷や汗 (顔)

いや、おおよそ満足してますんで、良いんですけど、
まず最初に「あれぇ〜〜〜〜」と思ったのは、
ケースですよね。

上にも書きましたけど、
アタッシュケースとまでは言わないまでも、
せっかく『ファイズギア』セットとして買ったんだから
全てが収まった形でそれっぽいケースに入れて欲しかったかなぁ〜、
というのはありますよね〜。

ファイズドライバー、ファイズギアの各BOXとも
魅力的な画像ではあるんですけど、
「これでこそファイズギアのセットexclamation
というのが、もう一つ足りなかったかなぁ、って。
まぁ、開けた瞬間の感想なんで、
結構インパクトはありますよね〜。

あとはやっぱり、『ベルト』ですよね。

ヒモベルト。

いや、内部的には別にヒモベルトでもいいんですけど、
腰に巻いた時には見えない様にして欲しかったなぁ〜。
マジックテープも、まぁ、見えないっちゃあ見えないんですけど、
ちょっと「う〜ん・・・」ってのはあるよね。

しかし総じて非常にクオリティは高いです。

何と言っても、通信による音声・発光ギミックは
「これでこそファイズギアセットdouble exclamation
という満足感はあります うれしい顔

それでも定価30,000円超えというのは
いくら「大人」でも躊躇しちゃいますね 冷や汗 (顔)

もう5,000円安いとだいぶ印象も違うんですけどね。

プレミアムバンダイ限定の本商品、
現在、下記でも購入可能です。

 

「CSM カイザギア」の予約も始まりましたよdouble exclamation

 

という事で、仮面ライダー555 COMPLETE SELECTION MODIFICATION FAIZGEAR レビューでした〜 わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - ライダーベルト レビュー 仮面ライダー


 comment
  • (・ω⊂) より: 2017/01/04(水) 7:35 PM

    とても読みやすいレビューでした ありがとうございました(^-^) 

    このCSM、ベルトのジャラジャラ感がなくて紐が裏側からも丸見えなのが……(CSMカブトゼクターのベルトみたいには出来なかったのか?) 
    変身音も劇中だと「コンプリート ピロピロピロ…キュオーン…ジャキーン‼」な感じなのに、DXと同じくジャキーン‼の部分が無いから、迫力がないんですよねぇ それとファイズフォンをベルトに装着させてから、一瞬間があいて変身音が鳴るのも× DXより劣化してどうすんねんと 
    自分は変身アイテムに求めるのは、まず音をきちんと劇中同様再現してるかなので、自分が開発者ならファイズフォンを開けた際の起動音や例の着信メロディとかも絶対収録させるけどなぁ…… 

    • 南方東方 より: 2017/01/04(水) 9:08 PM

      (・ω⊂)さん、コメントありがとうございます!

      やっぱり「ジャラジャラ感」気になる人は多いですよね~。
      まぁ、一度やってるのに・・・ってのがありますよね(^_^;
      軟質素材とは言え、ベルトはペシャンッとはたためないので、
      多分劇中の様にはアタッシュケースには収まらないでしょうしね。

      カブトゼクターは持ってないんですけど
      後ろからヒモ見えちゃわないんですか?
      画像で見る限りでは、片側だけベルト裏ヒモが見えている様ですけど。。。

      装着してからの間、ちょっと接触の悪さがあるかもしれませんね。
      装着した時にバックル側のピンがちゃんとファイズフォンを押さえずに
      通信エラーになる事も結構ありますよね~。

      起動音は確かに、ファイズフォンのスイッチ入れた時にしか鳴らないんで
      アレッ?ってなりましたね~。
      コレ多分、開けてすぐに555押されちゃうと、
      起動音が途中で切れちゃって、余計不細工になると考えてのことなんじゃないかな~
      って思いました。
      劇中では起動音が鳴り続ける中555「ピッピッピッ」って音がカブってますけど、
      技術的に無理だったんじゃないですかね。。。

      (^ ^) 着信メロディも確かにね~、
      ぶっちゃけコード入力遊びの数減らしてでも欲しかったかも。。。

  • (・ω⊂) より: 2017/01/04(水) 10:20 PM

    カブトゼクターは後ろの延長部分は紐が丸出しなんですが、側面の蛇腹部分は2つのプラパーツを使って紐を挟み込んでるので、裏側からは紐は全く見えません ファイズCSMは延長部分も側面の裏側も紐が丸見えなので見映えが悪いんですよね 
    バックルに通信発光ギミックに力を入れすぎて、ベルト部分は手抜きをしたのか?
    あー、でも本編見直すとベルト部分は完全に一体形成してて、CS版みたいに一つ一つのパーツが連なってる感じじゃないんですね 

    技術的には無理でも、スイッチを入れるのと同時に起動音がなるのと、開けてから起動音がなるのとでは、やっぱり後者の方が成りきれると思いますね……

    • 南方東方 より: 2017/01/04(水) 11:20 PM

      おぉ、挟み込んでるのはいいですね〜。
      ってか、ファイズドライバーって、他のベルトより外して手に持ってる事多いんで、
      裏側とは言え、ヒモが見えちゃってるのは
      ちょっと興ざめしちゃうところがあるのは確かですよね〜。

      > でも本編見直すとベルト部分は完全に一体形成してて
      そうなんですよね、劇中のベルト部分見ると、
      今回のCSMは割と忠実な表現されてるんですよね。
      基本設定としては「ジャラジャラ」なんじゃないのかな?
      って勝手に推測してるんですけど(*'ヮ'*)

      起動音ねぇ〜、そりゃそうですよね、
      スイッチ入れた時だけってのはちょっと寂しいです(´;ω;`)

  • Bobbie より: 2017/01/05(木) 10:57 PM

    Stay with this guys, you're henplig a lot of people.

コメントをどうぞ