【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》CSM カイザギア【仮面ライダーカイザ コンプリートセレクションモディフィケーション】

      2018/04/14

CSMカイザギアイメージ

仮面ライダー555 COMPLETE SELECTION MODIFICATION KAIXAGEAR(CSM カイザギア)

今回ご紹介しますのは、大人の為の変身ベルトシリーズ『COMPLETE SELECTION MODIFICATION(コンプリートセレクションモディフィケーション)』から、仮面ライダー555に登場する2番目のライダー、仮面ライダーカイザの『カイザギア』です。

 

パッケージ外箱

パッケージ横

パッケージ正面

パッケージ裏

登場作品 仮面ライダー555(ファイズ)
メーカー バンダイ(プレミアムバンダイ)
メーカー希望小売価格 48,600円(税込み)
発売日 2018年3月24日
全高 -

・・・この値段。。。げっそり (顔)

発表された時には結構な衝撃でしたよね~・・・。

しかし、商品化リクエスト、ダントツの1位だったというだけに
受注開始から即日で1次受注が終了してしまったこの『カイザギア』exclamation

そんなに迷っている時間は無かったワケですよdouble exclamation

 

そしてそして届いたカイザギアを見て
その箱のデカさにまたまたビックリしましたね~。冷や汗2 (顔)

梱包箱

とにかくデカいdouble exclamation
フィギュアーツ置いてみたけどちょっと分かりづらいか・・・冷や汗 (顔)

 

外パッケージ

パッケージの外枠は、白。
『ファイズギア』は黒でしたが、素材は同じですね。

スポンサーリンク

商品内容

そしてそして~、

開封

開封しますと、ギッチリ入ってますね~。わーい (嬉しい顔)

『ファイズギア』では、不満点の一つとして、
パッケージの素っ気なさってのがあったんですよね~。

『ファイズドライバー』『その他のオプション』がそれぞれ別のセットになっており、
せっかく『ファイズギア』として購入してんのに、
その2つのボックスを1つにまとめただけ、ってのは
ちょっとプレミアム感がなくて、ガッカリだったのですよね・・・。がく〜 (落胆した顔)

(→ 詳しくはファイズギアレビューをご覧ください。

しかしexclamation

今回はその不満点を反映してなのか、
『カイザギア』としてワンボックスとなっていたのは
嬉しいですね~。うれしい顔

 

ただ、
このデカい箱、どこにどうやってしまうんだよ・・・
ってのは悩みどころなんですが・・・。げっそり (顔)

 

取扱説明書

取扱説明書

 

 

そしてもう一枚入っていたのが、

模様について

「カイザブレイガンホルダーに見られる線状の模様につきまして」

という断り書き。

コレ何かっていうと、

ウェルドライン

いわゆる「ウェルドライン」ってヤツですね。

メタリックっぽい成形をしているプラスチックなどには
必ず入ってしまう、マーブルっぽい線の事で、
亀裂などではないですよ~、って事ですね~。
コレは性質上、止むを得ない所ですね。

カイザドライバー

では、カイザドライバーから見て行きましょう~。わーい (嬉しい顔)

カイザドライバー

ベルト、カイザフォン、ミッションメモリー、ベルト止め、サイドバックル。

これが標準のセットですね。

 

ミッションメモリー

ミッションメモリーは、ファイズドライバーのものと同様、
ダイキャスト製となっており、この小ささでも重量感があります。わーい (嬉しい顔)

ベルト

ベルト01

ベルトの基本仕様は、ファイズドライバーと同じで、
どうやら金型は全く同じ様ですね。

・・・と、んっexclamation and question

 

写真を撮ってから気付いたけど、
既に塗装剥げが・・・。冷や汗2 (顔)

コレ、多分、僕が遊んでてこうなったワケじゃなさそうですね。。。
最初から入ってたウェザリング・・・でもないんでしょうね。猫2

 

ベルト02ベルト04

ベルト03

ベルト05

う~ん、
ファイズドライバーで気になったベルトの分割線
金型同じなんで、まぁ同じなんですけど
やっぱり分割線は入ったまんまですね~。

色が暗いんでファイズドライバーよりはやや目立ちにくいかなぁ~
とは思いますけど、ちょい惜しい所ですかねぇ~。猫2

 

ベルト06

ベルト07

ベルト08

ベルト止めやサイドバックルをマジックテープで止めるトコ、
また、ベルト部分も基本仕様はファイズドライバーと同じですね。
ベルト部分は少々固めの軟質素材という感じ。

 

ベルト09

ベルト10

ベルトバックルの裏側もファイズと全く同じ、色違いという感じですね。
電池の本数ももちろん同じ単4電池2本です。

カイザフォン

さてさて、これはファイズとは異なりますよ~。わーい (嬉しい顔)

カイザフォン01

カイザフォン02

カイザフォンも単4電池2本です。

 

カイザフォン03

カイザフォンにミッションメモリーを取り付けたところ。
やっぱミッションメモリーを付けると各段にカッコ良くなりますね~。うれしい顔

 

カイザフォン04

もちろんご存じでしょうけど、
ファイズフォンはパカっと開くタイプだったのが、
カイザフォンはクルッとスライド回転して開けるのですよね~。わーい (嬉しい顔)

ここら辺は、当時のガラケーを彷彿とさせますよね~。

 

そしてそして~、

カイザフォン05

ここもファイズフォンで不満だった点の改善点。

カイザフォンを開いた時に、「シュオーン・・・」という起動音がするんですね~double exclamation

ファイズフォンでは電源スイッチを入れた時にしか起動音がしないのが
残念ポイントだったんですが、今回入れて来てくれましたね~。うれしい顔

そしてその起動音に合わせて表面のLEDが発光します。

イイですね~double exclamation指でOK

 

そして、カイザフォンをベルトから取り外し、
キャンセルボタンを押す事で変身解除音もシッカリ鳴るんですね~。わーい (嬉しい顔)

そしてそして、変身解除時には、
ランダムで「エラー」という音声とともに灰化音が鳴ります。

カイザといえば、
やはり変身後に死ぬかもしれないという恐怖感がありましたから、
これはリアルで面白い仕様ですよね~。

しかし、このエラーによる灰化、
ちと発生率が高くてですね、
5割程度の確率で死んでしまいます。

せめて3割程にしといて欲しかったかなぁ~。。。冷や汗 (顔)

 

カイザフォン06

 

カイザフォン07

本体は黒の成形色に、ガンメタリック、シルバーとツヤ有りのブラックで塗装されています。

 

しかしこのツヤ有りブラックの塗装部、

カイザフォン08

よくよく見ると、小さな気泡がポツポツと・・・。

個体差もあるんだろうけど、
コレ、気になる人は気になるかもね~・・・、っていうくらいの大きさです。

人の許容範囲は違うと思いますが、
プラモの塗装だったらNGなレベルの気泡という感じです。。。冷や汗 (顔)

このイメージ、分かりますかね??

 

カイザフォン09

開いた時だけ見えるカメラレンズっぽいものとスピーカー。

 

カイザフォン10

底面部には、ちょっと分かりづらいですが、
充電プラグっぽいモールドも入っていますね~。わーい (嬉しい顔)

ファイズギア・オプション PART1

では、ファイズギアのオプションを見て行きますよ~。

オプション1

カイザポインター、カイザショット、レッグホルダー

これらは、ファイズギアのセット内容と同じ部分ですね~。
といってもカイザポインターはファイズポインターに比べて
かなりボリュームとギミックが異なっていますし、
ゴールドなんで、目を引きますよね~。ぴかぴか (新しい)

カイザポインター

カイザポインター01

こ~れは、カッコいいですね~double exclamationうれしい顔

 

カイザポインター02

カイザポインター03

こちらも単4電池2本、ねじ止め式のフタになってます。

 

カイザポインター04

カイザポインター05

ミッションメモリーを挿したところ。
ミッションメモリーを挿すと、「ピピッ、レディー」
と言って、シュパッと回転して開きます。

 

カイザポインター06

あっ、ちなみにカイザポインターの電源スイッチは、
上の画像の赤矢印の部分なんですが、
本体のモールドに紛れ込ませて造形している所が
素晴らしいですね~。わーい (嬉しい顔)

出来るだけ見た目を損なわない様にという配慮とこだわりですよね~。

 

カイザポインター07

カイザポインター08

カイザポインター09

カイザポインター10

おっと・・・、
カイザポインターを開いたところに、
バリ・・・
というよりバリをもぎ取ったような結構大きな傷跡が・・・。げっそり (顔)

この処理はいただけませんな・・・。

 

カイザポインター11

こちらはカイザショットを取り付けるレッグホルダー。

カイザショット

カイザショット01

カイザショット。
こちらの基本仕様は、ファイズギアのものと同様ですね。
金型も全くで同じで、塗装違いの様です。

 

カイザショット02

カイザショット03

カイザショット04

カイザショットにミッションメモリーを挿したところ。

 

カイザショット05

ミッションメモリーを挿すと、ハンドルを開く事が出来る様になります。

 

カイザショット06

そしてハンドルを開くと、電池ブタを開く事が出来る様になります。

こちらは単4電池3本が必要です。

カイザギア・オプション PART2

さてさて、
今回のカイザギアの目玉ですよ~。うれしい顔

カイザギア・オプション2

カイザブレイガン本体、ブレイドパーツ、カイザブレイガンホルダー

 

いやいやぁ~、
こりゃあ、箱もデカくなるわ。冷や汗 (顔)

カイザブレイガン

カイザブレイガン01

カイザブレイガン02

カイザブレイガン03

カイザブレイガン04

ハァ~、
どこから見ても美しいですね~~~。ハートたち (複数ハート)

 

カイザブレイガン05

電池は単4を3本。ネジ止め式のフタになっています。

 

カイザブレイガン06

そしてそのすぐ下にスイッチがあるんですが、
パッと見ではこれがスイッチと分からないexclamation

イイですね~、
一瞬探しちゃいますが、ココもこだわりですね~。わーい (嬉しい顔)

 

カイザブレイガン07

そして、カイザブレイガンホルダーの穴に銃口を差し込み、

 

カイザブレイガン08

カイザブレイガンホルダーのベルトで止めるんですが・・・

これがなかなかハメづらい。冷や汗 (顔)

 

カイザブレイガン09

で、取り付けるとこんな感じ。

ブレイド

ブレイド01

ブレイドの表と裏。

長いdouble exclamationうれしい顔

画面に収まらないdouble exclamation

 

ブレイド02

ブレイド先端部。

ブレイド03

電池ボックスは、ブレイドの根元側にネジ止め式のフタで付いています。
必要な電池は単4電池3本。

 

カイザギア、必要な電池は合計

単4電池15本!!

 

カイザギア届いてから
慌てて買いに行きましたよ。。。冷や汗 (顔)

こんなに電池がいるCSM、今後出ないかもね~。

 

ブレイド04

そして、ブレイドのスイッチはブレイガン本体に隠れる部分に付いています。

 

さてexclamation
これでようやく、全部揃いましたので
ベルトの装着して・・・

カイザギア完成

 

カイザギア、完成!!

 

いやぁ~、
ブレイガンの存在感がハンパないね。わーい (嬉しい顔)

遊んでみよう!!(フォンブラスター)

カイザフォンは、閉じる側とは反対方向に回す事で、『フォンブラスター』にする事が出来ます。

フォンブラスター01

入力コードを押す事でモードが切り替わります。

103+ENTER : シングルモード(単発)
106+ENTER : バーストモード(3連発)

そしてサイドにあるトリガーを押すと射撃音とともに
表面のLEDがモードに応じた発光をします。

フォンブラスター02

銃口も発光してます。ひらめき

そして、合計12発
バーストモードだと3連発なので、3発×4回ですね、
弾切れとなり、

279+ENTER でチャージです。

基本的にはファイズフォンと同じですね~。

 

しかし、ファイズフォンでは
コードを入力すると、コードに応じて画面が発光したんですが、
カイザフォンではそれが無くなっちゃいましたね。

おそらくファイズフォンでは画面がフタ側だったのに対して、
カイザフォンでは画面がキー側にあるから、
という発光ギミックの受け持ちが違うからでしょうね。
コレはちょっと残念。

遊んでみよう!!(カイザショット)

カイザショット01

カイザショットは、ミッションメモリーを挿さない状態ではデジカメモードで、
ボタンを押すとシャッター音とともにフラッシュが発光します。

 

カイザショット02

そして、ミッションメモリーを挿すと「レディ」という音声が鳴り、待機状態となります。
その後、カイザフォンのENTERを押すとミッションメモリーが発光し、

「キュイーン、キュイン、キュイン、・・・・、キュキュキュキュ・・・」

と待機音が鳴り響き、

カイザショット02

グリップのボタンを押して、『グランインパクト』発動double exclamation

 

その後は、グリップのボタンを押す事で
LEDが発光しながらパンチ音を発する『ナックルモード』で遊べます。

遊んでみよう!!(カイザポインター)

カイザポインター01

カイザポインターにミッションメモリーを挿したら、
「レディ」と発声。
そして、脚に取り付けたレッグホルダーにカイザポインターを装着double exclamation

 

ってか、デカっ!!

 

1分間の電波待機状態になるので、この間に、

ENTER

カイザフォンのENTERボタンを押すと、
「エクシードチャージ!」
「キュイーーーーーーーーン・・・・・」
という音がカイザフォンから鳴り始め、1、2秒すると
このキュイーーーン音がカイザポインターに移動し・・・

 

ゴルドスマッシュ02

カイザポインターのシリンダーから
カイザのマーク X が照射され、
衝撃音が鳴り響きます。ひらめき

やっぱりこの通信で動作するというのは面白いですね~。わーい (嬉しい顔)

 

カイザポインターは、この通信時でない時にも

カイザポインター遊び

本体ボタンを押す事で、
「ピピッ!」という音声と共にカイザマークを照射する事も出来ます。

基本的な仕様は、ファイズポインターとほぼ同様なんですが、
何といってもデカい
そして、ミッションメモリーを挿した時の
シリンダーの回転展開がめっちゃカッコいいですね~。わーい (嬉しい顔)

遊んでみよう!!(カイザブレイガン)

さあ、いよいよ本命のカイザブレイガンdouble exclamation

コレは楽しみでしたよね~。うれしい顔

とにかくこのカイザブレイガンもデカいし
カッコいい!!!

カイザブレイガン遊び01

スチャッ。

もう正直、これだけでも所有感を満たされる程のインパクトですよね~。わーい (嬉しい顔)

 

カイザブレイガン遊び02

そしてトリガーを押すと、
銃声とともに、オルフェノクに見立てたシルエットが照射されます。

 

カイザブレイガン遊び03

そして後部のコッキングレバーを引いてから戻すと、
「バーストモード」
という音声が鳴り、その後トリガーを押すと、
連射音とオルフェノクの灰化音、そしてオルフェノクのシルエットが照射されます。

 

そしてそして~、

コレが本命中の本命、ブレードモード!!!

 

ブレード遊び01

ブレードの電源を入れたらカイザブレイガン本体に装着。

 

ブレード遊び02

そしてミッションメモリーをカイザブレイガン本体に挿すと、
「レディ」
という音声の後、
「ウイーン、ウイーン、・・・・・」
という待機音に合わせて、ブレードが緩やかな明滅を始めます。

コレ、めっちゃカッコいいdouble exclamationうれしい顔

 

そしてこの間に、

ENTER

カイザフォンのENTERを押すと、
例によって「キュイーーーーーーーーン」という待機音が
カイザフォンからカイザブレイガンに移動し、
ブレイドの発光は消灯。

そしてコッキングレバーを引きトリガーを押すと、
拘束弾音が鳴るとともにオルフェノクのシルエットが照射され、
再び「ウイーン、ウイーン、・・・・・」と鳴り始めて
ブレードが明滅ではなく点灯。

そして、もう一度トリガーを押すと、

ブレード遊び03

「ジャキーーーン!!」

斬撃音が鳴り、
緩やかに発光が消えていくのと同時に
オルフェノクの灰化音が鳴り響きます。

 

いやぁ、もう楽しい!!!うれしい顔

 

ホントにコレはスゲェですよ。

 

その後もトリガーを押す事で
ブレードの斬撃音が鳴るんですけど、
この斬撃音はどうやら2種類(3種類か?)入っている様で、
続けて同じ音が鳴らない様になってて
単調にならないように配慮されているのですね~。わーい (嬉しい顔)

 

この楽しさは写真と説明だけでは伝わらないと思うんで、
ぜひ下の方にある動画レビューで確認してみてください。映画

 

ただちょっとこのブレードに関する残念ポイント

ブレードの電源を入れたまま放置しておくと、
しばらく経つとチカチカチカと細かく点滅して
自動オフの状態になるんですけど、

この後、かなりの確率で
電源が入らなくなります。

電池の抜き差しをしても、何をやっても
電源が入りません。

その後しばらく放置したりすると知らない間に直ったりするんですけど、

コレは明らかなバグでしょうね。。。

 

多分個体によるものと思われますけど、
問い合わせるのも面倒なんで、
遊び終わったら、必ず電源は切る様にしています。もうやだ〜 (悲しい顔)

いやぁ、ココ、ホントに残念です。。。

コード入力遊び

取説(コード入力)

今回もコード入力遊びの収録数は盛りだくさんですね~double exclamation
ファイズドライバーでもかなり多いと思ってましたが、
それをはるかに上回る収録数です。うれしい顔

そして今回は、
草加役の村上幸平さんが撮り下ろし音声を収録するだけでなく、
音声のチョイスまでしているのですよね~。わーい (嬉しい顔)

村上さんのカイザへの思い入れは大変深い様で
インタビューやこの今回のCSMカイザギア発売は
ホントに楽しみにしてた様で嬉しいですよね~。

村上さんの触ってる様子が凄く嬉しそうで、何かカワイイ。。。猫2

 

そして、今回の変身では、
変身後にBGMを鳴らす事が出来るようになったんですね~。うれしい顔

BGMボタンを長押しし、「ピコッ」という音の回数に応じて
BGMを選ぶ事も出来るんですね。

前回発売の『デンオウベルト』もこの仕様が入ってて、
めっちゃ楽しかったんですけど、
今回のカイザギアにも盛り込んでくれましたね~。

BGMが同時に鳴り始めると、
一気に劇中シーンに自分が引き込まれたような錯覚に陥ってしまいます。

ココ、非常にポイント高いですよ~!!

 

と言いますのはですね、
前回のファイズギアでは、
2つの音声を同時に鳴らす事が出来ない仕様で、
音声中に他の操作をすると、
前に鳴っていた音が中断されてしまっていたのですよね。

コレ、非常に残念なポイントだったんですけど、
今回はスピーカーを複数持たせたんでしょうか、
この点が改善されているのですよね~。

これはとっても嬉しい改良点ですよ~。わーい (嬉しい顔)

動画レビュー

動画でもレビューしてます。
コード入力遊びもいくつかご紹介していますので
宜しければ、ご覧ください。わーい (嬉しい顔)

総 評

「高いけど安い」

と言われた、CSM過去最高額であった今回のCSMカイザギア。
僕も非常に楽しみにしていました。わーい (嬉しい顔)

非常に期待のカイザギア、南東的評価は、

(4.0)

星4つです。

 

全体の評価としては、
もう満腹という感じです。ハートたち (複数ハート)

このボリュームなら、この価格設定もやむを得ないか
という程の充実セットになっています。
細かい部分への配慮や、ファイズギアで出た課題
シッカリ反映させてくれているのが見えて
非常に嬉しい内容になってますね~。わーい (嬉しい顔)

 

個人的に非常に嬉しかったのは、
カイザフォンで複数音声を鳴らす事が出来る様になった点ですね。
これによって、BGMに乗せて変身する事が出来ます。

そういう意味では、
変身待機音中に、草加の「変身」ボイスを鳴らすと、
一瞬待機音が途切れるのはちょっと惜しいんですが、
それでも、その後待機音は再生されるので良しとしますか
という感じ。

いずれにしても、この複数音声再生については、
非常にポイント高いです。

 

塗装に関しては、
恐らく気になる人は気になるのでしょうが、
僕の中では、まぁまぁ許容範囲かな?というところです。

 

しかし、ブレードの不具合やバリの処理については、
ちょっと減点せざるを得ませんね。

上でも書いた様に問い合わせはメンドウなのでしませんけど、
これで満点!!と出来なかった事が非常に非常に残念です

 

他の個体でも同様の不具合はやはりある様なので、
気になる方は問い合わせてみた方が良いかもしれませんね。

何せ高額商品なので、あまりケチが付いたままではイヤですもんね。

 

他にちょっと気になったのは、
残念ポイントという程ではないかもしれませんが、
変身解除後の灰化率の高さ(約5割)、

そしてカイザフォンのトリガーを
謝って押してしまいやすいってトコですかね。

不意に着信音が鳴ったり、
変身する際に、ベルトに挿すのに手間取って
何度も草加の「変身!」という声を聴く事になります。冷や汗 (顔)

まぁ、ココは自分で気を付けたらいいトコなんですけどね。

 

期待度も非常に高かっただけに、
色々と気になる所もありますが、
それ以上に全体の充実度は、物理的にも
これまで以上の所有感を満たされる事は間違いないですよ~。わーい (嬉しい顔)

今後コレほどの大物セットは、
滅多に発売される事もないと思います。

カイザが好きで、
「ただ鳴る、光だけのベルトには飽きたdouble exclamation
という方には、
非常に楽しいセットだと思いますよ~。ぴかぴか (新しい)

 

以上、仮面ライダー555 COMPLETE SELECTION MODIFICATION KAIXAGEAR(CSM カイザギア)のレビューでした~。わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - ライダーベルト レビュー 仮面ライダー ,


コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.