【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》DX超合金 Sv-262Hs ドラケンIII / リルドラケン & ミサイルポッド【マクロスデルタ】

      2017/08/29

ドラケン&リルドラケンイメージ

DX超合金 マクロスデルタ Sv-262Hs ドラケンIII (キース・エアロ・ウィンダミア機) / リル・ドラケン&ミサイルポッド

今回ご紹介しますのは、『マクロスΔ(デルタ)』から、「DX超合金 Sv-262Hs ドラケンⅢ(キース・エアロ・ウィンダミア機)」と、バンダイ魂ウェブ商店限定で発売された、「リル・ドラケン&ミサイルポッド」です。

Sv-262Hs ドラケンⅢ発売時に完全にレビューし損なってしまったので、
今回は、リル・ドラケン&ミサイルポッドを装着した状態を主体に、
Sv-262Hs ドラケンⅢを併せてレビューしていこうと思います。

セット品ではないのでご注意を。

 

まずは、DX超合金 Sv-262Hs ドラケンⅢのパッケージから。

ドラケンパッケージ正面

ドラケンパッケージ裏

ドラケンパッケージ横01

ドラケンパッケージ横02

ドラケンパッケージ上面

ドラケンパッケージ底面

 

登場作品 マクロスΔ(デルタ)
メーカー バンダイ
メーカー希望小売価格 23,760円(税込み)
発売日 2017年3月18日
全高 約260mm

そしてリル・ドラケン&ミサイルポッドのパッケージ

リルパッケージ正面

リルパッケージ裏面

リルパッケージ横01

リルパッケージ横02

リルパッケージ上面

リルパッケージ底面

 

登場作品 マクロスΔ(デルタ)
メーカー バンダイ(魂ウェブ商店)
メーカー希望小売価格 8,424円(税込み)
発売日 2017年8月18日(発送)

スポンサーリンク

開封&商品内容

ドラケンパッケージフタ

VF-31Jでも同様だった、非常に高級感ある
つや消しの化粧箱。

パッケージ正面の、ドラケンⅢのシルエット部分だけ
ツヤありの加工が施されています。指でOK

DX超合金 VF-31J ジークフリードのレビューはこちら

 

ドラケン中ブタ

中ブタもVF-31Jと同様の装丁。

 

ドラケン1段目
1段目にはドラケン本体とオプションパーツ

 

ドラケン2段目

2段目には、ディスプレイスタンドと取扱説明書が入っていました。

 

取説表紙

取扱説明書

 

取説内容

取説はオールカラー

 

ドラケンⅢ一式

ドラケンⅢの商品内容一式。

 

コクピット

透明キャノピー

キャノピーは透明のものも付属。

 

キース

パイロット(キース)も細かく塗り分けられていますね。

 

搭乗

キース搭乗。

プラモデルと比較

プラモデルと比較

ファイター時のプラモデルとの比較。
大きさは結構違いますね。

超合金を開封した時の最初の印象は、

「ずいぶん赤っぽいな」

って事。

プラモデルの方のゴールドがだいぶ薄いんで、
この色が頭の中で定着していたんですけど、
劇中の色は超合金の方が近いですね~。

もう少々薄くても良い気がしますけど、
かなりゴージャスなカラーリングで
非常にファンタジックですね。わーい (嬉しい顔)

プラモデルのレビューはこちら

リル・ドラケン&ミサイルポッド 商品内容

リルドラケン プリスター

ブリスターパック

 

リルドラケン取説

取扱説明書

 

リルドラケン一式

リル・ドラケン&ミサイルポッド一式。

思っていたよりも充実してるなぁ~、という印象。

ある意味特典な剣と盾

アサルトソード

今回のリル・ドラケン&ミサイルポッドのセット内容で、
目玉の一つとなったのが、
この「アサルトソード」じゃないでしょうか?

アサルトソードは、劇中では最終回のみ登場し、
キースとロイドが最終決戦で使用した

しかも、脚から折りたたんで飛び出すというギミックでしたよね。。。

今回付属のソードは折りたたむ事は出来ませんし、
既に発売されているドラケンⅢの脚に収納出来る
なんてギミックはもちろんありません。冷や汗 (顔)

 

ソード01

ソード02

キレイな造りですね。

 

シールド比較(表)

右が今回リル・ドラケンのセットに付属の
非変形固定タイプのドラケンシールド

固定用なので、
若干形が変更になっているのかと思ったら、
大きさや厚さなどはほぼ同じ様ですね。

シールド上部に若干モールドが増えているのと、
折りたたまないので
紋章がキレイに全面印刷されています。

 

シールド比較(裏)

こちらは裏から見た所。

右が非変形固定のシールドですが、
裏から見ると、違いがほとんど分かりませんね。わーい (嬉しい顔)

リル・ドラケン

リル・ドラケン01

 

リル・ドラケン ランディングギア

ランディングギアは差し替えなしで
機体裏が展開して引き出す事が出来ます。
ダイキャスト製で、タイヤ部分はゴム製。

 

リル・ドラケン02

リル・ドラケン03

 

リル・ドラケン04

付属の台座で、
飛行状態のディスプレイも可能。

 

リル・ドラケン05

 

リル・ドラケン06

 

リル・ドラケンプラモデル比較

こちらはプラモデルのリル・ドラケンと並べたもの。
左がDX超合金、右がプラモデル。

プラモデルは、付属シールを貼ってスミ入れ、
つや消しのトップコートをしたもの。

プラモデルの方がマーキングも充実している為か、
DX超合金版の方がオモチャっぽく見えるんだけど・・・。

 

ちなみにプラモデルのリル・ドラケン&ミサイルポッドは、
アップしようとした直前にリル・ドラケンを1つ落として破損してしまったので
レビュー出来ずじまいになってしまいました・・・。涙

ミサイルポッド

ミサイルポッド01

もちろんミサイルハッチは展開可能。
マイクロミサイルは固定で取り外しは出来ません。

 

ミサイルポッド取り付け01

下部のツメ(赤矢印)を引っ掛けてから、
上部のツメ(青矢印)をハメ込みます。

 

ミサイルポッド取り付け02

装着するとこんな感じ。

ゴージャスさが増しますねdouble exclamationうれしい顔

ファイター

では、ドラケンⅢの方も併せて見ていきたいと思います。

ドラケン01

リル・ドラケン、ミサイルポッド未装着時。

やっぱカッケーっすなぁ~。目がハート (顔)

 

ドラケン&ミサイルポッド

ミサイルポッドを装着。

う~~ん、より一層映えますね~。黒ハート

 

ドラケン&リル・ドラケン

リル・ドラケンと。

 

ドラケン&リル・ドラケン02

 

ドラケン&リル・ドラケン03

 

ドラケン&リル・ドラケン04

リル・ドラケン装着

保持パーツ

ファイター時にリルドラケンを装着する場合は、
主翼の保持用パーツを取り付けます。

保持用パーツを一度分解し、
主翼を挟み込む様に取り付けロックします。

 

リル・ドラケン取り付け

そして、ドラケンⅢとリル・ドラケンの接続部(赤矢印)を
接続します。

「カチッ」という取り付け感はなく、
そう簡単に外れるワケではないんだけど
ちょっと心もとない感じ・・・。冷や汗 (顔)

 

リル・ドラケン装着01

リル・ドラケン装着完了double exclamation

 

ミサイルハッチ展開

ミサイルハッチを展開。

 

ハッチ展開

前ハッチを開いて、後部の観音開きのハッチを展開。
(別にどっちからでも開けるけど。)

ハッチを開く時のツメを引っ掛ける所に
ゴールドのフチ取りがあるんで、
塗装が剥げてきそうで心配・・・。冷や汗 (顔)

 

リル・ドラケン装着02

 

リル・ドラケン装着03

 

リル・ドラケン装着04

 

リル・ドラケン装着05

 

リル・ドラケン装着06

 

リル・ドラケン装着07

 

リル・ドラケン装着08

 

リル・ドラケン装着09

 

リル・ドラケン装着10

 

リル・ドラケン装着11

 

リル・ドラケン装着12

 

リル・ドラケン装着13

 

うっは。

 

やべ~、カッケ~~~。。。目がハート (顔)

 

このゴージャスさ、堪らん~~~。。。

 

どう考えても、
ミサイルポッド装着時を前提に
デザインされてるよね~。。。冷や汗 (顔)

絶対ミサイルポッド付けた方が
カッコいいもんなぁ~。

 

リル・ドラケンはVF-31なんかのスーパーパックとは
位置づけが違うんだけど、
(少なくとも)ファイター時のボリューム感は
かなりありますよね~。わーい (嬉しい顔)

もちろん、
リル・ドラケン、ミサイルポッドとも
付けていなくてもカッコいいんだけど、

より一層きらびやかになって、
ホント、色んな角度から
ウットリ見とれちゃいますね~。。。ハートたち (複数ハート)

ガウォーク

ガウォーク

リル・ドラケン&ミサイルポッド未装着時。

ガウォークの時が一番「ドラケン(ドラゴン・翼竜)」
って感じがしますね~。わーい (嬉しい顔)

シールドはせっかくなんで、
リル・ドラケンセットに付属の
非変形固定シールドを取り付けています。

 

ガウォーク ミサイルポッド装着

ミサイルポッドを装着。

 

ガウォーク ミサイルポッド02

 

ガウォーク リル・ドラケン01

リル・ドラケンも装着。

 

ガウォーク ミサイルポッド03

むうぅ~~~~。。。

コレはしんどい!!

 

薄々分かっちゃいたが、
ガウォークでのリル・ドラケン装着は
非常にバランス悪いdouble exclamation

と言うかね、

ガウォーク リル・ドラケン03

後ろから見ると、
こんな感じです。。。冷や汗 (顔)

しかも、取説にて
「支柱とクリップで支えてください」
となっています。

これがまさかの正規仕様。。。

本当は、取説では
リル・ドラケンをクリップで挟んで支える様になっているんですが、
あまりに不細工なので、
出来るだけ目に付かない様に
後ろからドラケンの主翼を支える様に写真撮りましたが・・・。冷や汗2 (顔)

支柱で支えてないと、
主翼がグルンッと回転しちゃうんですね。。。

 

はっきり言って、
ガウォークでのリル・ドラケンは無しですね。

 

ガウォーク好きな僕が
これ以上ガウォークの写真を撮る気力もなく、
ガウォークは以上です。。。冷や汗 (顔)

バトロイド

さて、最後はバトロイド。

バトロイド時のリル・ドラケン装着も
正直あまり積極的にはなれなかったんですが・・・。

バトロイド

リル・ドラケン&ミサイルポッド未装着時。

う~む、やっぱドラケン、バトロイド時もカッケーよね。
(初めて登場した時は「何じゃコリャ~double exclamationでしたが・・・。)

 

バトロイド ミサイルポッド取り付け

ミサイルポッドを取り付けて・・・

 

バトロイド ミサイルポッド02

 

バトロイド ミサイルポッド01

ソードを持って最終決戦double exclamation

 

バトロイド ミサイルポッド03

 

バトロイド ミサイルポッド04

 

バトロイド ミサイルポッド05

 

バトロイド ミサイルポッド06

 

うひょ~~~~っ!!

 

カッケーーーーー!!!!うれしい顔

 

 

 

では、リル・ドラケンを装着。

バトロイドリル・ドラケン01

 

バトロイドリル・ドラケン02

 

バトロイドリル・ドラケン03

 

バトロイドリル・ドラケン05

おやexclamation and question

悪くないぞ。

 

バトロイドリル・ドラケン06

 

バトロイドリル・ドラケン07

 

バトロイドリル・ドラケン08

スーパーパックなんかよりは
上に突出しちゃってる感じですが、
今まで思ってたより、
全然悪くないなぁ~。

 

バトロイドリル・ドラケン09

後ろから見ると、
ちょっと取って付けた感がありますかね~。

 

バトロイドリル・ドラケン10

 

実はバトロイド時も
「支柱とクリップで支えてください」
仕様なんですが、
バトロイドでは耐える事が出来たので
このまま写真撮ってみました。

でも、やっぱりちょっと気を抜くと
主翼がグルンっと回っちゃいます。。。冷や汗 (顔)

 

バトロイドリル・ドラケン11

ちなみにバトロイド時に
支柱&クリップで支えるの図。

これもちょっといただけないなぁ・・・。

総 評

「DX超合金Sv-262Hs ドラケンⅢ」のレビューをし損なったので、
「リル・ドラケン&ミサイルポッド」との同時レビューになりましたが、

それぞれの評価にしたいと思います。

まずは、Sv-262Hs ドラケンⅢの南東的評価は

(3.5)

星3.5です。

個人的な満足度は結構高めなんですが、
いかんせん、変形が面倒くさい。

難しい・・・、というよりはメンドくさい。

 

正直、難易度自体も相当高く、
トランスフォーマーやら、変形合体ものは
過去にいくつも遊んできましたが、
これ程手こずったものはあまり経験がないですね~。

変形過程で主翼部を何度も
干渉避ける為に一度起こして再度倒して・・・

というのが非常に煩わしいと感じちゃいました。

 

どちらかというと僕は、難易度の高い方が
パズル的で楽しいと感じる方なんですが、

このドラケンについては、
変形があまり楽しいとは思えなかったんですよね・・・。

 

あとは、
プラモデルで一度ドラケンⅢの超絶変形を堪能しちゃったんで、
ぶっちゃけ、だいぶ熱が冷めていた
ってのは多分にあるかもしれませんが。

 

プラモデルでは完全にオミットされていた
ファイター時での手首の収納も再現され、
まさに完全変形を実現したDX超合金版でしたが、

いずれにしても、
万人におススメ出来る商品ではないかなぁ~。。。冷や汗 (顔)

しかし、変形ロボットには慣れていて、
このドラケンⅢに非常に興味があるって人には、
是非一度体験してもらいたい世界ではありますね。

どの形態もスタイル・プロポーション、
超絶カッコ良く、非常に美しいのは確かです。わーい (嬉しい顔)

そして、リル・ドラケン&ミサイルポッドの南東的評価は

(3.5)

こちらも星3.5です。

こちらはぶっちゃけ、
割高感が否めないという点です。

 

セットとして非常に充実しているなぁ、とは思いました。
各パーツの出来も非常に良いと思います。

ドラケンの折りたたみシールドには
ちょっと違和感があったので、
非変形の固定シールドが入っていたのは良かったかな
と思いますし、

最終回で突然登場したソードも
なかなかプレミア感があって宜しいかと思います。

 

それでもやっぱり、
おそらくほとんどの人が
「あってもなくてもいいや」と思えるこのセットで
定価8,000円超えってのは、ちと高いかな。

ドラケンⅢと同梱セットで
25,000~27,000円くらいだったら
メチャクチャコスパ高かったんだけどなぁ~。。。

 

なにより、
ファイターで付けた様な
リル・ドラケン用の保持パーツを

なぜバトロイド、ガウォーク用にも付けられなかったのか。

そこが一番の不満点。

 

せっかく出来がいいのに、
支柱とクリップで支えるとか・・・

なんでそんな不細工な仕様にしたんだろ。

 

あとは、
ドラケンⅢへの接続部が若干不安ってトコかな。

そう簡単にポロリする感じではないけど、
カチッとロックされないので、
経年により外れやすくなる恐れは大いにありますね。

でも、やっぱりファイター時に装着した
ミサイルポッドとリル・ドラケンのカッコよさは
スゴイ破壊力ですよ。わーい (嬉しい顔)

 

テレビアニメ放映前から
非常に楽しみにしていた DX超合金 Sv-262Hs ドラケンⅢ。

プラモデルが非常に秀逸の出来だったのと、
先に発売されたDX超合金VF-31Jジークフリードが傑作だったんで、

もうドラケンⅢへの期待感はハンパないものになってました。

 

その期待を裏切らない
非常に良い出来ではありましたが、

リル・ドラケン&ミサイルポッドもそうですが、

とにかく発売が遅すぎた。

 

もっと早く、
むしろプラモデル出す前に超合金出してたら
もっと売れた気がするんですよねぇ~。。。

僕自身も、プラモデルを手にした事で、

「どうやって変形するんだ?」

という欲求は満たされた部分が大きかったですからねぇ。

 

もう、ホント、
コレがカッコいいdouble exclamationと思える人は
是非是非、手に取っていただきたいですが、
変形が難しい(or メンドくさい)という覚悟は必要ですね。冷や汗 (顔)

以上、DX超合金 マクロスデルタ Sv-262Hs ドラケンIII (キース・エアロ・ウィンダミア機)リル・ドラケン&ミサイルポッドのレビューでした~。わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - マクロスΔ(デルタ) レビュー 超合金


 comment
  • 匿名 より: 2017/12/25(月) 7:44 PM

    まあ、バトロイド形態初登場の時から
    剣持ってたけどな

    • 南方東方 より: 2017/12/31(日) 1:09 PM

      えっ?!
      バトロイド初登場って、第4話?
      イヤ、持ってなかったと思いますけど・・・。

コメントをどうぞ