【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》 真骨彫製法 黄金騎士牙狼(冴島鋼牙)【S.H.フィギュアーツ】

      2018/07/08

真骨彫牙狼イメージ

S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 黄金騎士ガロ(冴島鋼牙)

今回ご紹介しますのは、S.H.Figuarts 真骨彫製法シリーズから登場しました『黄金騎士 牙狼』ですdouble exclamation
冴島鋼牙バージョンです。

やはり『黄金騎士 牙狼』と言えば、冴島鋼牙だなぁ~、って気がしますよね~。

これまでも牙狼のフィギュアは数多く出ていますが、
今回の真骨彫版ほど劇中ばりにキラッキラぴかぴか (新しい)の牙狼は初めてですよねぇ~。わーい (嬉しい顔)

パッケージ01

パッケージ02

パッケージ03

パッケージ04

登場作品 牙狼〈GARO〉
メーカー バンダイ(プレミアムバンダイ)
メーカー希望小売価格 9,990円(税込み)
発売日 2018年6月23日発送
全高 約168mm

スポンサーリンク

商品内容

フタ裏

仮面ライダー真骨彫製法シリーズでは日本語で書かれていた内容が
ナゼか英語で書かれているのがカッコいいですね。わーい (嬉しい顔)

 

取説01

 

取説02

取扱説明書

ブリスターパック上段

ブリスターパック上段

ブリスターパック下段

ブリスターパック下段

 

一式

内容一式。
オプションは交換手首左右3種ずつ。
牙狼剣、そして鞘に収めた牙狼剣・・・。

これはちょっとガッカリかなぁ~。。。

鞘にはチェーンがジャラッとぶら下がっててカッコいいんだけど、

牙狼剣01

 

牙狼剣02

剣と鞘は差し替えなんですよねぇ~。。。がく〜 (落胆した顔)

剣と柄は分離する仕様なんで、
剣を抜いた状態の鞘の穴がブサイクなのだなぁ~。。。

以前レビューしたヴェルビンでは出来ていた事だけに
これはちょっと残念ですなぁ~。。。涙

 

牙狼正面

 

牙狼横

 

牙狼後ろ

もう、とにかくキラッキラですね。ぴかぴか (新しい)

光の当たり方で見え方が全く変わりますので
非常に面白いですね~。

細部

顔01

顔02

眼球は劇中同様グリーン、そして黒い瞳が細かく成形されているんですが、
正面からだとほとんど見えなくって、
やや下からうまく光当ててやらないと見えないのが
非常にもったいないですね~。もうやだ〜 (悲しい顔)

せっかくこんなにキレイなのに~。

そして歯も、とてもきれいに彩色されていますね~。うれしい顔

 

顔03

見てくださいっ、このギラギラ感double exclamation
細かいエングレービングでスゴイ情報量になっており、
反射しまくりです。

照明の当て方にもよるんですけど、
実物と見紛うほどの煌びやかですね~。

 

後頭部

後頭部。

 

胸部

 

腕部

 

手の甲

ちょっと形状が分かりづらいですが、ザルバもいるよ。わーい (嬉しい顔)

 

 

後ろ

 

脚部

 

脚部02

可動

首可動

首の可動は、前方向はやはり干渉して、少々足りないかな?という感じ。
後方へは、真上を見上げる事は出来ませんが、
可動部が3カ所あるので「見上げてる」という程には上を見る事が出来ます。

 

襟元

襟元が可動する為、

腕上げ01

肩アーマーに追従して襟が持ち上がるので、
これだけの鎧を身に付けてても
干渉を避けて腕が横に上げやすくなっています。

 

腕上げ02

腕を回転させても、
さすがに真上には上げられないものの、
ここまで上げる事が出来ます。

 

ヒジ曲げ

ヒジは、上腕部に干渉してここまでが限界。

 

腰可動01

腰の前後スイングは腹部の上下2箇所の関節で可動。
前方への可動域はあまり広くありませんね。
後方へは、前方ほど狭くはありませんが、
それでも前後への可動域はそれほど広くはありません

 

腰可動02

腰の横回転は十分ですね~。わーい (嬉しい顔)
90度まではいきませんが、これだけ横を向く事が出来れば
良いアクションができますね~。

しかし、

腰可動03

腰の前後および横回転の際に、
ベルトの後ろのバックルが干渉して外れやすいのが難点
手で押さえながら回せば大丈夫なんですけど、
そんな気を使いながら腰回さなあかんのは
ちょっと残念かなぁ~。。。猫2

 

脚上げ01

脚(股関節)は結構上げる事が出来るんですが、

 

脚上げ02

前方に真っすぐ上げられません。

 

ヒザ曲げ

また、ヒザ曲げも太ももに干渉してここまでが限界。

 

足首

足首は、左右回転とも可動範囲は広いので、
非常に接地性は高いんですが、
前後スイングは少々可動域が狭め。

 

立膝立ち01

立膝立ち02

なので、片膝立ちは出来ない事はないけどちょっと苦手かな??

ポージング

では、ポージングをザザッと並べますね~。わーい (嬉しい顔)

ポーズ01

剣の鞘を掴んだポーズはカッコいいんだけど、
差し替えゆえの、柄を抜いた鞘の穴が見えちゃって
ちょっと残念な事に・・・。がく〜 (落胆した顔)

 

ポーズ02

ポーズ03

ポーズ04

ポーズ05

ポーズ06

ポーズ07

ポーズ08

ポーズ09

ポーズ10

ポーズ11

ポーズ12

ポーズ13

ポーズ14

ポーズ15

ポーズ16

ポーズ17

ポーズ18

ポーズ19

ポーズ20

ポーズ21

動画レビュー

動画でもこのキラキラっぷりを見てみてくださいっdouble exclamation

総 評

プレミアムバンダイから発売されました
真骨彫製法 黄金騎士ガロ 冴島鋼牙double exclamation

いやぁ~、この輝きこそ牙狼だよ~って煌びやかな黄金騎士、
今回の南東的評価は、

(4.0)

星4.0です。

 

レビューの方でも書きましたけど、
やはり牙狼剣を抜いた状態との差し替えってのは、
ちょっと・・・、イヤ、かなりかなり残念ですね~。。。もうやだ〜 (悲しい顔)

剣にはかなりキレイな塗装がされていますからねぇ~、
この塗装剥げを防ぐ為の仕様なのか、
これまでのバンダイの展開から考えると、
どうしても技術的な問題とは思えないのですよねぇ~。

 

あと、ベルトの後ろバックルの外れやすさ
そして、もう少しだけ下半身の可動域が広ければ・・・
ってトコですねぇ~。

 

しかし基本的な造形や質感などは
本当によく出来ており、
初見の時より、時間が経つにつれて
ますますそのカッコよさを実感してます。

全身が金のメッキなんで、
ちょっと指紋で汚くならないかが心配でしたが、
これが意外と付かないもんなんですねぇ~。
(全くつかないというワケではない)

 

もうホント何度も手に取って見てしまいますし、
また写真写りが非常に良いのでですね~、
いつもよりもバシャバシャと撮りまくってしまいましたよ~。うれしい顔

上でも書いた様に、
「もう少しこうだったらexclamation

という点はあるものの、非常に満足度の高い牙狼ですねdouble exclamation

この完成度の牙狼はなかなか出ないんじゃないでしょうか??

もともとプレバンでちょっとお高めの商品ではありましたが、
プレ値が付き始めてますから、
迷われてるならお早目の方が良いですよdouble exclamation

そして、この黄金騎士牙狼に続き真骨彫製法から
銀牙騎士ゼロも登場double exclamation

リンクはこちら

発売・発送は11月の予定で、
現在既にプレミアムバンダイで予約受付中ですよ~。

今回の牙狼の出来を見ると、
絶狼の方にも期待しちゃいますね~。うれしい顔

是非、一緒に並べたいところですね~。

 

では以上、S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 黄金騎士ガロ(冴島鋼牙)のレビューでした~。わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - フィギュア レビュー 牙狼


コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください