【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》真骨彫 仮面ライダーW(ダブル)サイクロンジョーカー【S.H.フィギュアーツ】

      2017/08/09

真骨彫Wイメージ

S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーW サイクロンジョーカー

今回のご紹介は、S.H.Figuarts から『真骨彫製法』による『仮面ライダーW』になります。

登場作品 仮面ライダーW
メーカー バンダイ
メーカー希望小売価格 6,480円(税込み)
発売日 2016年10月22日
全高 約145mm

wパッケージ正面

wパッケージ横

wパッケージ裏

wパッケージ斜め

真骨彫とは・・・
パッケージ裏にはこう書いてあります。

wパッケージ裏

との事です。

分かりやすく言えば、
6年前に発売された『S.H.Figuarts 仮面ライダーW』
造形、および可動をさらに追求したリニューアルバージョンという事になります。

実を言いますと、
S.H.Figurarts って、あまり買った事が無かったんですね。
ここで言う『S.H.Figurarts』っていうのは通常版の方の事ですが、
S.H.Figurartsって、どれも実際よりやけに細身なんですよね。
まぁ、ぶっちゃけ、『好みじゃなかった』というのが買わなかった理由です。

そしてこの『真骨彫製法』もWで(多分)12体目となりますが、
この『真骨彫製法』は初めての購入になります。

単純にWが好きだった、というのもあるんですが、
これまで真骨彫で商品化されたものって、
股関節にどうも違和感があるのですよね。

劇中の実際のスーツ股関節には
当然関節のつなぎはないワケですが、
このフィギュアでは、
可動を追求した結果、股関節には2ヶ所のつなぎがある。

プロポーション自体は人間の体型に近く、非常に良いんですが、
どうも股関節が・・・というので真骨彫にも手が出なかったのですよね。。。

結局、ライダーとかウルトラマン、戦隊とかの特撮スーツものって
PBM!RAR でしか、見た目に納得のいくものって
出来ないんじゃないかな〜?って思ってたんですが・・・。

 

ついに出ました、『仮面ライダーW』!

仮面ライダーW は以前、
プラモデルの『MG FIGURERISE』で商品化されていますが
これがかなりプロポーションが良く、
また問題の股関節についても驚くほど違和感が無かったんですよね。
(僕はS.H.Figuarts版よりむしろこちらの方が好みでした。)

劇中のWは、股関節にジャバラの様なラインが多く入っているので、
この上下に関節のつなぎが入ってもそれほど目に付かないのですね。

そういう事もあって、
宣材の画像をみても正に理想形だし、
今回の真骨彫製法のWにはかなり期待しておったワケです うれしい顔

 

スポンサーリンク

商品内容

さて、前置きがかなり長くなりましたが、
開封〜。

W内容1

W内容2

上の画像でも分かると思いますが、
一応オプション一式画像。

Wオプション

左上、右手(サイクロン)交換手首
真ん中上、ガイアメモリ
右上、左手(ジョーカー)交換手首
真ん中下、マフラー2種

グルッと一周

W正面

W左斜め前

W左

W後ろ

W右

W右斜め前

はいっ、グルッと一周してみましたが、
まず、箱から出しての第一印象

「う〜ん、何か違う・・・」

この画像見る限りでは、メチャクチャカッコいいんですが、
(イヤ、実物もメチャクチャカッコいいんですが冷や汗 (顔)
ちょっとサイクロンの緑色が違うなぁ〜〜〜。。。
ちょっとねぇ〜、緑が濃すぎるんです。。。
もう少し草色っぽく、もうほんの少しメタリックが入ってた方がいいなぁ〜。。。

でもね、
写真撮り終えた今だから思うんですが、
このW、メチャクチャ照明映え、写真映えするんですdouble exclamation

ここからご紹介する写真含め、
実物の1〜2割増でカッコいい写真になっています冷や汗 (顔)

僕の撮影が上手いって言ってるんじゃないですよexclamation
多分、サイクロン側の塗装にかすかに入っている
パール加工のせいではないかと思います。

これホント、
写真撮影を前提にしてるんじゃないかってくらい
カッコ良く撮れちゃいますふらふら

とは言え、
素立ち姿だと尚プロポーションの良さが分かりますねわーい (嬉しい顔)

 

マスクグルッと一周

頭部正面

もう、この頭部だけを見ると
本物と見間違う造形ですねexclamation
目はクリアパーツ成形で、
内部におそらくシルバーのモールドを内蔵していると思われます。

頭部左斜め前

頭部右

頭部後ろ

サイクロンの色の次に気になったポイント。
マフラーの付け根。
ちょっと可動のボールが目に付くなぁ。。。ボケーっとした顔

頭部右

頭部右斜め前

本当に造形が素晴らしいdouble exclamation
コレ、絶対劇中スーツのCADデータ使ってるでしょexclamation and question
ってくらいに精密なマスクとなっています。

首可動

首の可動域は、特別広いというワケでもありませんが、
ポージングするには充分な領域ですね。

Wドライバー

これも今回の真骨彫Wのウリの1つではないでしょうか。

Wドライバー

ガイアメモリは装着、取り外し可能、Wドライバーも開閉可能と、
小さいながらこのギミックexclamation

マキシマムドライブ

マキシマムスロットへも装着可能exclamation
あっ、間違ってサイクロンメモリ挿してる。

ガイアメモリ

ガイアメモリは人差し指に乗せると、こんな大きさ。小っさdouble exclamation

しかし、せっかくのこだわりギミックですが、
残念ながら非常に外れやすいのが欠点

Wドライバーに挿しても、「カチッ」とははまってくれないんですね。。。

ポーズ付ける為に傾けたり、
転倒してしまうと、まず間違いなく外れてしまいます泣き顔

外れたと分かる時には良いんですが、
知らん間に抜けてる時があるので非常に恐いですよ〜、コレはげっそり (顔)

そこでオススメなのがこの商品exclamation

クリアミュージアムジェル

クリアミュージアムジェル

元々は骨董品やお皿のディスプレイなどの転倒防止用のジェルなんですが、
フィギュアコレクションをしている人は結構使っている人も多いですね。

これをほんの 1mm 程度メモリの先に付け
そのまま差し込むと、
逆さにしようと、どんなに激しく振ろうとも
絶対に抜けなくなりますdouble exclamation

それでいて固まるわけではなく、接着するわけではないので、
いつでも引き抜く事が出来ますし、再度挿し直す事も出来ます。
思ったよりも高いんですけど、
フィギュア集めているなら活躍する場も多いと思いますんで
オススメですよわーい (嬉しい顔)
(でも激しく振ったら無くなった!ってクレームはやめてね)

ジョーカーメモリ

ジョーカーメモリ挿入

さりげない姿ですがカッコいいですね〜。

下半身

下半身左

下半身右

下半身後ろ

写真では分かりにくいですが、
つま先可動、足首前後左右スイングと回転が可能となっています。
股関節は前後左右への二重関節と太もも上部で回転。
ヒザは二重関節となっています。

マフラー(オープニング)

マフラーは2種類付属しており、
1つは通常版と、もう1つはオープニングに登場した長〜いロングマフラーです。

ロングマフラー後ろ

ロングマフラー前

おぉ〜、あのテーマ曲が聴こえて来そうなビジュアルですね〜黒ハート

用途としては、本当にオープニングの再現でしかないんですが、
やっぱり印象的なシーンでしたからね〜わーい (嬉しい顔)

長いんで重さで転倒するんじゃないかと思いましたが
大丈夫でした。

変身!

もう既に変身してますが・・・

ジョーカーメモリ2

変身!(あっ、持ち方上下逆だったな。。。)

カシャン

カシャンッ!

シャキーン

シャキーン!!

(腕のクロスはポーズ付けが結構難しかったです。。。)

サイクロンジョーカー前

サイクロン!ジョーカー!!

サイクロンジョーカー後ろ

変身後

さあっ1

さあ、

さあっ2

お前の罪を

数えろ1

数えろ

数えろ2

数えろ3

 

ポーズいろいろ

アクション1

アクション2

キック1

ディスプレイスタンドは付属していません。

キック2

股関節はちょっと思ったより上がらない印象。
コレで目一杯。
でも劇中のスーツもそれほど上がらないんでしょうね。

キック3

キック4

股関節はちょっと思ったより上がりにくいけど、
足首がひねられるので、
なかなか良いポーズは取れますね。

キック5

片ヒザ立ち1

片ヒザ立ち2

股関節上がりにくいんで、
片膝立ち難しいかと思いましたが、
難なく決まりました。
股関節は外側にも開くので割と自由度が高いです。

cimg1991

総 評

期待感高く、開けて早々に「あれっ?」っていう感想もありましたが、
今回の真骨彫製法 仮面ライダーW、南東的評価は、

(4)

という感じです。

やはりサイクロンの緑色の違い、ちょっと気になりました。
この緑色って難しいんでしょうかね〜??
PBM!のWもサイクロンの色がイマイチなんですよね〜。

あとは記事中で書いた様に、
マフラーの付け根と、メモリーの外れやすさですね。

やっぱり開けた時の第一印象は大きいですが、
それでもこの『真骨彫』の醍醐味は、
人間の体型に近い造形の美しさと、
自由にポーズを付けられる楽しさだと思います。

もうね、本当にイジってて楽しいんですdouble exclamation

写真を見てもらえば一目瞭然なんですが、
ポーズ1つ1つがどれもリアルで、
写真にしちゃうとスケール感がなくなっちゃうくらいなんですよね〜うれしい顔

特にこの真骨彫の関節仕様というのがWにはピッタリで、
Wのスーツ自体がコレを前提にデザインしたんじゃないかと思っちゃうくらい
マッチしています。

僕は初めての真骨彫となりましたが、
充分に満足する出来でした。
ちゃんと買えて良かったぁ〜。。。冷や汗 (顔)

 

では、以上、S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーW サイクロンジョーカーレビューでした〜わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - フィギュア レビュー 仮面ライダー


 comment
  • OH− より: 2016/12/29(木) 8:12 PM

    質問なのですがクリアミュージアムジェルはどこに売っていますか?

    • 南方東方 より: 2016/12/29(木) 8:39 PM

      OH-さん、こんにちは!
      クリアミュージアムジェル、僕はAmazonで購入しました。
      Amazonでそのまま、「クリアミュージアムジェル」と検索すると出て来ますよ。
      今見てみたところ、
      118g で 2,037円、
      お試しの50gで 1,200円で出ていますね。

      フィギュアの固定には抜群の効果を発揮しますから、
      1つあると便利ですが、いずれもごく少量しか使いませんし、
      使い捨てじゃなくて再利用出来るんで
      お試し50gでも使い切れないくらいです(^_^;

      ガイアメモリ固定の為だけなら高い買い物になりますけど、
      フィギュアを他にもお持ちならオススメですよ (^ ^)

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.