【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》シンゴジラ モンスターアーツ フィギュア【ゴジラ 2016】

      2017/08/08

シン・ゴジライメージ

S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016)

今回ご紹介しますのは、S.H.モンスターアーツより、映画『シン・ゴジラ』に登場のシン・ゴジラ(第4形態)です。

映画『シン・ゴジラ』は、日本のゴジラシリーズ29作目にあたる作品です。
『エヴァンゲリオン』の庵野秀明氏が総監督・脚本、またゴジラ自体のヴィジュアルも大変話題となり
2016年映画の超ヒット作となりましたね わーい (嬉しい顔)

もちろん僕も見に行きましたよexclamation
と言うかね、2回見に行きました。
同じ映画を見に行くって、実はこの『シン・ゴジラ』が人生初 うれしい顔

最終形態であるゴジラの姿はもちろんでしたけど、
第二形態とかもう衝撃的でしたよね〜。

全てをもう一度しっかり見たいと思って、
2回目はIMAXまで行っちゃいましたよ〜double exclamation

 

そして、今回のこのフィギュア、実際の劇中ゴジラのキャラクターデザイン・立体の雛形造形をされた
竹谷隆之氏らが、実際の映画で使われた3Dデータを元に造形・彩色を手がけているという事で
大変楽しみにしていたものですうれしい顔

パッケージ表

パッケージ右

パッケージ裏

パッケージ左

登場作品 シン・ゴジラ
メーカー バンダイ
メーカー希望小売価格 12,960円(税込み)
発売日 2016年11月26日
全高 約180mm
全長 約400mm

スポンサーリンク

セット内容

ブリスター

ブリスター(透明トレー)

オプション類一切なしexclamation
本体のみ。
エフェクト付属版とかそのうち出ちゃうんでしょうかね。。。冷や汗 (顔)

全 身

正面

ゴジラ斜め

ゴジラ横01

ゴジラ後ろ

体色は、マグマを思わせる赤黒いカラーリングですね。
赤をベースに上から黒を吹き付けたものと思われます。

劇中の通り長〜い尻尾で、写真に収めるのが大変です冷や汗 (顔)

いやぁ〜、しかし、デカい、重いexclamation
イヤ、決してデカすぎるワケではないんですが、
なんせ尻尾が長いんで、かなりのインパクトです。

出していきなりですけど、
もう流石の造形とディテールに見とれてしまいました 目がハート (顔)

可 動

さて、これだけのゴツゴツ造形がどう動くのか。
これはメチャクチャ楽しみでしたね〜。

まずは分かりやすいお口から。

口01

この大きく開かれた口も、今回の『シン・ゴジラ』のビジュアルの特徴の1つではないでしょうか。
熱焔放射時を再現。
しかしお口全開(真ん中写真)してしまうと、赤い肉の部分がちょっと不細工かな。。。
ほんの少し戻してやるといい感じです。(右端写真)

それにしても気になるのは、
口の下の白い点々。
明らかに歯ではない箇所に付いてるんだけど・・・。

これはどう見ても塗装乱れだな・・・もうやだ〜 (悲しい顔)

口02

正面から見るとこんな感じ。
口内の熱焔放射口もちゃんと造形されてますね。

しかし残念なのは、アゴの左右割れが再現されていない所。
宣材の商品画像でも「アゴ割れ」の写真は無かったんで
オミットされてるんだろうとは思っていましたけど
出来れば欲しかったですねぇ。。。猫2

 

お次は首から腰部にかけての可動。

首左右可動

関節(可動部)はボールジョイントなので、割と自由に動きますね。
左右回転(真ん中写真)。
左右傾け(右端写真)。

横可動01

横可動02首部のみ前傾。(首関節2箇所)

横可動03

さらに腹部、腰部を前傾。(関節2箇所)

背中01

背中02

腰部前傾時の背中はこんな感じ。
肉が露出する感じで、なかなかグロテスクですね〜。。。げっそり (顔)

ゴジラ腰回転01

腹部、腰部も回転可能なので、
こんな体勢も取る事が出来ます。

ゴジラ腰回転02

ゴジラには不似合いな軽快な振り返り。

 

手首可動

手首可動。
ここもボールジョイントで、回転はもちろん可能。
スイング幅はそれほど広くないですね。
ちなみにこの手首、ムリに動かすと
結構外れやすいです。

腕可動01

腕は肩から3箇所の関節があり、
思っていたよりもよく動くなという印象ですね。

腕可動02

横から。

ただちょっと難点として、
特に肩の部分、おそらくキレイに見せる為でしょう、
可動部のほとんどが胴体の中で動く様になっているんですが、
擦れて表面の黒塗装が剝げやすくなっており
段々ベースカラーの赤色が露出してくると思われます。
あまりグリグリ動かさない様、注意しましょう。手 (パー)

 

脚部可動01

開脚。

脚部可動02

脚部は股関節から足首にかけて
4箇所の関節があり、尻もちをつく事も出来ます。

4箇所あると言っても
それぞれの間隔が短いので
それほど大きく動かせるワケではありませんが
ゴジラの動作から考えれば必要充分な可動域かと思います。

気になったのは、
多分個体差もあると思いますが、
僕のは左足股関節が非常に外れやすい点です。
強く押し込んでやったら外れにくくなるかと思ったんですが、
そうでもないですね。冷や汗 (顔)

 

そして尻尾の可動。

尻尾可動01

尻尾可動02

かなり、動かせるのが分かると思います。

尻尾可動03

もちろん反対側にも左右にも可動します。

尻尾に節がいっぱい入っていますが、
コレ全てが関節なワケではなく、
節2つずつで1つの関節となっています。

しかし、この尻尾の可動の難点がですね、

尻尾外れ

この尻尾もやはりボールジョイントなんですが、
ここも非常に外れやすい。
と言うか、一番外れやすい。。。涙

僕のは、尻尾のなかで決まって同じ3箇所が外れやすくなってます。
なので、好きなトコを掴んでグリグリ動かす事が出来ず、
外れない様にグッと押さえ込みつつ、
外れやすい箇所を気にしつつ動かす必要があるので、
ちょっとしたストレスはありますね。。。冷や汗 (顔)

尻尾外れ02

尻尾の外れた箇所。
通常なら見えないハズの箇所まで赤く塗られているんで、
最初見た時は、「おぉ、何て手が行き届いているんだexclamation
と感心したんですが、
多分ベースカラーとして、「ドボンッ!」としてるんでしょうね 冷や汗 (顔)

 

文字だけではちょっと可動についてはお伝えしきれてないかな、って思ったんで
簡単な動画にしてみました。
いきなりゴジラが吠えるんで、ボリュームに気を付けてねexclamation

細 部

では細部を見て行きましょう。

尻尾先

尻尾の先です。

なんだか燃えているかの様な発光を感じる色ですね。
けどちょっとツルンっと剥け過ぎちゃった感じがするんで、
もう少し黒い表皮が乗っている方が「らしい」かな exclamation and question

 

ゴジラ胸

胸部。
ここがもうひとつだなぁ、と思ってる箇所で、
劇中や、宣材の商品写真に比べ、
が足りないんですよねぇ。。。

胸部比較

この左画像がパンフレットの表紙にもなっている劇中の胸。
右が宣材の商品写真。

皮膚の割れた間に赤いスジがかなり入っていますよね。
コレが全然弱いです。
色が赤いだけに、かなりのアクセントになるんで
ココはしっかり入れて欲しいところでしたね〜。もうやだ〜 (悲しい顔)

上から黒を吹き過ぎちゃったのかなぁ〜exclamation and question

ゴジラ足

足先。
この足もちょっと特徴的なツメの生え方してますよね。
よく見ると、小さいツメらしきモノが
変な箇所からポツポツと生えているんですね わーい (嬉しい顔)

ポーズいろいろ

ではザザッと並べますね。

叫び01

叫び02

叫び03

パンフポーズ

ちょっとパンフレットの表紙っぽいポーズを・・・。

パンフレット

う〜ん、もうちょっと下からのアングルだったなぁ〜。

ゴジラ右

ゴジラ右斜め前

ゴジラ叫び04

ゴジラ叫び05

ゴジラ叫び06

ゴジラ叫び07

総 評

今回のモンスターアーツ シン・ゴジラの南東的評価は、

(4)

という感じです。

塗装や、色について不満であるという感想も多いみたいですが、
少なくとも、色については宣材の商品写真に近い色なんではないかと思います。

色としてもう少し灰の様な黒色の方が
劇中の色には近いのだとは思いますが、
この赤っぽい黒、というのは一応写真を見て
納得した上で購入してますからね。

ただ、皮膚の割れ目から見える赤色は
もっと強調して欲しいところでしたね〜。もうやだ〜 (悲しい顔)

歯なんかは商品写真からは見劣りしてますが、
まぁ、こんなもんかなと。

でも明らかに塗る所がおかしい口元の白い点々は
ちょっと気になりますね。
これもまぁ、削るなりリペイントすればなんとかなりそうですけどね。

 

しかしやはり、一番気になるのは
関節、特に尻尾の外れやすいところですねぇ〜ぷっくっくな顔

もうちょっと気楽にガシガシと動かしたいのになぁ〜。。。

 

しかし、これらのマイナスポイントをカバーするだけの
素晴らしい造形です。
1万円超えなんで、決して安いとは言えませんが、
このクオリティならこのくらいはするだろうとも思える
納得のスタイルと可動性です。

可動するシン・ゴジラとしては、
これ以上に良いプロポーションのフィギュアは出ないんじゃないでしょうか。
(別カラーバージョンとか出たら、また話は別ですけど・・・)

熱焔放射の、口を大きく開いた姿なんかはもう、
ハンパ無くカッコいいですっうれしい顔

しかし欲を言えば、
アゴが左右に割れるギミックが入っていれば言う事無かったなぁ〜〜〜〜 猫2

 

残念ながら、評価としては満点とは言えませんが、
個人的には、かなり、かなり気に入っています。目がハート (顔)

多分しばらくは、
ボーーーーーッと見入ってしまうんじゃないでしょうか冷や汗 (顔)

ゴジラ第2・3形態

また、シン・ゴジラの第2形態&第3形態の予約も始まりましたね!
こちらもとても楽しみですうれしい顔
↓予約はこちらから

http://p-bandai.jp/item/item-1000110039/

 

では以上、S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016) レビューでした〜 わーい (嬉しい顔)

 

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - ゴジラ フィギュア レビュー


 comment
  • Shirley より: 2017/01/05(木) 10:40 PM

    I have exactly what info I want. Check, please. Wait, it's free? Awoeems!

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください