【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

【スタチューレジェンド DIO(ディオ)】ジョジョフィギュア レビュー

      2017/08/08

今回ご紹介しますのは、

スタチューレジェンド 第23弾
ジョジョの奇妙な冒険 第三部 DIO

IMG_7701

IMG_7702

IMG_7703

(画像はクリックで拡大できます。)

 

登場作品 ジョジョの奇妙な冒険 第三部
企画・製造・販売元 ディ・モールト ベネ
販売元 メディコス・エンタテインメント
メーカー希望小売価格 6,090円(税込)
発売日 2012年11月30日
全高 170mm

連載開始から30年、
現在も終わる事なく続く『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズですが、
どんなにシリーズを重ねても、このディオを越えるキャラは無いでしょう。
まさに最強にして最凶の敵キャラ、DIO様ですexclamation

スポンサーリンク

グルグル回してみてね!

グルグル回して、お好きな角度からご覧くださいわーい (嬉しい顔)

写真でグルッと一周

IMG_7720

この精悍なお顔立ち・・・、
そしてこの躍動感溢れる1歩踏み出した姿、
たなびくマント。
恐ろしい程の美しさです。揺れるハート

IMG_7724

この面構え、凶悪すぎます((((; ゚Д゚)))ガクブル

IMG_7723

そうかと思えば、この角度から見た顔はなんだか穏やか。

IMG_7722

後ろからの姿も『ジョジョ』らしい体のねじれと流れが美しい。

IMG_7721

この角度から見た顔は、また違った表情で凛々しいです。

とにかく圧巻の造形美

総評の前に言ってしまいますが、
もう圧巻の出来映えですうれしい顔

言葉はいらんから
「とにかく見てくれ!!」という感じですが、
全身の造形、細部にまで渡る精密表現、
着衣の上からでも分かる腹筋、ボディのシルエット、
絶妙なグラデーション塗装、
とにかく、どれもが秀逸。

そして何より魅かれるのは、やはりこのお顔double exclamation

IMG_7861

IMG_7866

この精密さexclamation
お人形は顔が命といいますが、正にその通り。
大変、大変美しいお顔です目がハート (顔)

右口角が『ニヤリ』と上がっているせいでしょうか、
光の当たり方やアングルによっても
随分印象が変わります。

髪の毛の毛先は、やや乱れた部分があるものの
これだけいびつな形状をよく表現していると思います。

やや軟質素材ではありますが、
高所から落とせばポッキリいく可能性はありますね。

IMG_7728

IMG_7739

全身くまなくグラデーション塗装が入っていますが、
成形色をベースにグラデーションのみかけているのか、
全塗装しているのかはちょっと分かりません。

しかし、マントだけは面積が広いせいか、
ややプラスチックの『透け感』があります。

IMG_7741

IMG_7746

んっ??ちょっと手の甲に塗装剥げが・・・。

IMG_7744

下半身についてもご覧の通り、
服のシワまでも見事に表現しており、
映っている手の指のツメ先までもシッカリ造形されています。

素晴らしい!

可動フィギュアでない固定ポーズなんで
楽しみ方としては見る『アングル』のみでしかありませんが、
キメポーズとして完成しているところが、スタチューのメリットでもあります。

総 評

南東的評価

(4.5)

造形的には満点ですわーい (嬉しい顔)
色むらなど、個体差があると言われるこのシリーズですが、
少なくともこのDIOさまについて言えば特に目立ったムラは無く、
本当に身震いするほど良い出来だと思います。

ただですね、この商品が届いて、開けた時に思ったのは、
『あれっ、何か違う』という事。

dio_img

IMG_7737_z

 

左(スマホでは上)がパッケージや宣材写真に使われているもの、右(スマホでは下)が実際のもの。

写真写りの違いというのはもちろんあるんですが、
並べてみると、結構印象違いますよね。

まぁ、ここら辺は好みの問題なんで、
どちらの方が良いというのは敢えて置いときます。

しかし、『ディ・モールト ベネ』のWebサイトにも
「※掲載している写真は開発中のものです。実際の商品とは異なります。」
と記載されてはいるんですが、
パッケージにも通販サイトにもその事には触れられていません。

けど、この宣材写真の顔に惚れて購入する人もいるハズなんですよね。
(って言うか、僕もその一人なんですが・・・)
そういう意味で、一瞬テンションが下がったのは事実です。

この点のみマイナスにしています。

 

ただ、もっと欲を言わせてもらうとすれば、
顔の角張った感じとか、鼻のシャドウの入り方、唇のポッテリ感、目の隈取り等、
南東的には、パッケージおよび宣材写真の方が、
第三部のDIOさまの表情に近いと思ってます。

実際のフィギュアは、第一部までとはいかないまでも、
少々若いDIOかな?という印象を持ちました。

 

まぁ、原作にしてもこのフィギュアにしても
見る角度によって大きく印象が異なりますし、
それこそ人それぞれに好みがありますので
「イヤ、自分はパッケージより実際のフィギュアの方が良かった!」
という方も当然おられるかと思います。
という事で、そこは評価の対象外としています。

にしても、にしてもですよexclamation and question
過去のDIO様フィギュアの中、
いや、『ジョジョ』フィギュアの中においても最高の出来ではないかと思います。

 

↓うわっ、めちゃ安くなってて悔しい~exclamation

一時プレミア価格になっていた時期がありましたが、
(もちろんそんな価格で買ってはいけませんよぷっくっくな顔
そんな値段になるのも納得の出来だと思います。

ジョジョファン、DIO様ファンなら、買って損無し!
な一品かと思いますよ〜。

では以上、スタチューレジェンド 第23弾 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 DIO レビューでした〜。

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - ジョジョの奇妙な冒険 フィギュア レビュー


コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.