【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》TLK-15 キャリバーオプティマスプライム【トランスフォーマー最後の騎士王】

      2017/10/08

TLK-15オプティマスプライムイメージ

トランスフォーマー TLK-15 キャリバーオプティマスプライム 初回限定版

今回ご紹介しますのは、今年8月公開の映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』より、
リーダークラス「TLK-15 キャリバーオプティマスプライム(初回限定版)」です。

この商品は、『トランスフォーマー/ロストエイジ』公開時に発売されました
「ムービーアドバンスドシリーズ AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」を大幅にリデコしたものexclamation

ぶっちゃけ、見た目はAD31 アーマーナイトオプティマスとほとんど同じなんですよね〜。

じゃあ何が「大幅に」変わったのかと言いますと・・・

 

背負ってたものが無くなった!!

 

そう、トランスフォーマーと言えば、
ビークル時のいらんモンは背負うのが宿命・・・。冷や汗 (顔)

そして『ロストエイジ』劇中での、オートボット達のあまりにも無謀なデザイン変更に
さらにいらんモンを背負う事になったTF玩具・・・。泣き顔

その中でも特に高負荷を負う事になったのは、
ビークル時に巨大なトレーラーであるオプティマスプライムexclamation

AD31では、ロボット時に、このトレーラー後部のリア部分を全て背負っていたワケですね〜。

 

この「全部背負ってる」事がどうも受け入れ難く、
僕はAD31の購入をスルーしておりました。。。猫2

というか、
そもそもロストエイジでのオプティマスのデザインが
実は未だに受け入れられていないのですが・・・。

ですが、

今回のキャリバーオプティマスプライムでは、
このトレーラー後部を『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』で登場した
「オーバーシールド」に変形させる事で解決したのですね〜。うれしい顔

 

この違いは非常に大きいですよ〜!!

 

・・・と、前置きが長くなりましたが、
パッケージから見て行きましょうか。

 

登場作品 トランスフォーマー 最後の騎士王(実写映画)
メーカー タカラトミー
メーカー希望小売価格 8,640円(税込み)
発売日 2017年7月15日
全高 約220mm

CONVERTIBLE FACE
「マスクオン」と「マスクオフ」が切り替えられる、コンパチ仕様なんですよね〜。わーい (嬉しい顔)

 

スポンサーリンク

商品内容

ブリスター
ブリスター

エナジーソード

『初回限定版』に付属の「エナジーソード」

オレンジのクリアパーツにシルバーの塗装がされたものになっています。

エナジーソード説明書

初回限定版に付属「エナジーソード」の説明書。

「MB-11 ムービー10th アニバーサリーオプティマスプライム」にも持たせる事が出来るのですね〜。わーい (嬉しい顔)
実はMB-11はまだ未開封のままなんで、また機会があればレビューするかも・・・。冷や汗 (顔)

 

付属品一式
オプティマスプライムと付属品一式。

いやぁ〜、スッキリスマートになっていいですね〜。わーい (嬉しい顔)

 

取説01

取扱説明書。
いつも通り、変形の仕方が両面で説明されています。

取説02

エナジーソード同様、キャリバーアックスオーバーシールドも、
別売の「MB-11 ムービー10th アニバーサリーオプティマスプライム」にも装備させられますよ〜。

バトルマスク オン・オフ切り替え

マスクオン・オフ

AD31から引き継いでのギミック。
パッケージの説明にもあった様に、バトルマスクのオン・オフが切り替えられます。

 

マスクオン・オフ シークエンス

マスクのオン・オフは、顔部を一度持ち上げ、
回転させる事で切り替えられます。
差し替え無しでオン・オフを再現出来るのは素晴らしいですね〜。うれしい顔

素立ちとシールド

素立ち正面

素立ち正面姿

 

シールド背負い正面

オーバーシールドを背負った状態。

「シールド」になってても、やっぱり背負うとちょっと重苦しいですね。。。

 

シールド背負い横

シールド背負い横。

 

シールド背負い後ろ

シールド背負い後ろ姿。
亀みたいですね・・・。冷や汗 (顔)

 

オーバーシールド

オーバーシールドの表面と裏面。
裏面にタイヤは露出するものの、これがあのトレーラーリア部なのかと思うほど
キレイに変形しますよね。指でOK

 

武器

シールドなし

キャリバーアックスとテメノスソードは背中に取り付ける事も出来ます。
エナジーソードは初の手持ち仕様になっています。

 

シールドなし後ろ

後ろから見るとこんな感じ。
キャリバーアックスとテメノスソードはクロスして取り付けます。

 

全乗せ後ろ

さらにさらに、その上からシールドを取り付ける事も出来ちゃいます。
ただ、キャリバーアックスとテメノスソードを背中に取り付けた状態でシールド取り付けると、
ちょっと接続が甘いかも。。。

 

全乗せ前

「全乗せ」状態で正面から〜。

 

基本立ち

 

シールド手持ち。

う〜〜〜ん、カッコいいdouble exclamation

やっぱシールドは手持ちがカッコいいなぁ〜。

 

シールド取り付け

オーバーシールドは手に持つ事は出来ず、
腕に取り付ける形になります。

なので、肩アーマーとの干渉もあって、
シールド持ちのポーズはそれほど自由度は高くありません。

 

なので、後ろから見ると、

シールド後ろから

シールドを腕に付けた状態では、こんな感じになってます。

 

そして、このシールドの欠点。

 

重い。

 

どちらかって言うと「足」の方の問題かもしれないけど、
変形の都合で、足首の保持力がちょっと弱いのですね〜。。。もうやだ〜 (悲しい顔)

なので、シールド持つと上写真の素立ちでも、
実は自立が結構厳しかったりしてます。たらーっ (汗)

 

止むを得ず、

かかと保持

かかと部分をいくらか回転させて
足首が足に乗っかって、つっかえ棒になる様(意味伝わるかな〜冷や汗 (顔)
姿勢を保持しています。。。

個体差もあると思いますが、
足首関節の強度増しに、あらかじめ『パーマネントマットバーニッシュ』
流し込んでおいた方が良いと思います。

パーマネントマットバーニッシュ

本当は、絵画などの仕上げに使う、耐水性のつや消し保護用の画材なんですが、
経年でゆるんだフィギュアの関節に使うと
カッチリした関節が復活するという代物です。わーい (嬉しい顔)

関節補強

赤矢印の箇所に少量流し込む事で、ヘタレがなくなります。
・・・というか、かなり固くなります。

ビークルモードからロボットモードにする時に、
少々足が引き出しにくくなりますが、
確実に自立させにくいイライラを解消出来ます。

 

改修後

パーマネントマットバーニッシュ使用前には難しかった
こんな前傾姿勢もシールドを持ったまま出来る様になりました うれしい顔
シールドの先は地面に着いてないんですよ〜。

出来ればこんな事しないでも自立は出来る様にしておいて欲しいところですが、
他にもフィギュアをお持ちなら、1つ持っていると便利ですよ〜。わーい (嬉しい顔)

関節各部

足首について触れたんで、
関節各部見ていきますね〜。

首

首前後の可動域はあまり広くないですね。

若干アゴを引いた感じには出来るんですが、
あまり上を向く事が出来ません。

横回転は充分で、特に干渉はなく、真横を向く事も出来ます。

 

腕可動

腕とヒジの関節はクリック式になっており、
保持力は高いです。

が、

このクリック、1クリックの幅が広すぎ。。。冷や汗 (顔)

上の写真は、1クリックずつ腕を横に広げてみたものですが、

「その間のポジションが欲しいのに〜」

って事がよくあります。。。

 

手首

指は、武器を握りやすくする為、親指のみ可動。
手首は回転のみで傾ける事は出来ません。

 

脚関節

股関節とヒザ関節。

股関節は割とよく上がりますが、
膝関節は約90度くらいまで、って感じです。

 

股関節横01

股関節は横にかなり広げる事が可能です。
(このポーズで倒れないのもスゴいですね。わーい (嬉しい顔)

 

股関節横02

って言うか、真一文字に広げる事も出来ます。

膝上ロール

膝上には回転ロール機構が入っているので、
足先をカッコ良く外側に向ける事が出来ます。

 

足首左右スイング

足首の左右スイングは、わずかしか出来ません。
なので、もっと傾けたい場合は、
上写真でもあった様に、かかとはある程度回転させます。

足首の前後スイングはほぼ出来ません。

 

足首回転

しかし、足首はボールジョイントになっているので、
左右には有り得ない程回転させる事が出来ます。。。

 

ポーズ色々

では色んなポーズを、ザザッと並べますね〜。わーい (嬉しい顔)

ポーズ22

ポーズ01

ポーズ02

やっぱりロストエイジ以降のオプティマスのデザインには、
テメノスソードが似合いますね。

AD31アーマーナイトではクリアオレンジだったテメノスソードですが、
今回は、刃の部分はシルバーで全塗装になっており、
武器感が増してます。

 

ポーズ03

ポーズ04

ポーズ05

ポーズ06

ポーズ07

ポーズ08

ポーズ09

ポーズ10

ポーズ11

キャリバーアックスは柄の部分は成形色、刃の部分はクリアオレンジに塗装がされている様です。

 

ポーズ12

ポーズ13

ポーズ14

ポーズ15

ポーズ16

ポーズ17

ポーズ18

ポーズ19

ポーズ20

ポーズ21

ポーズ23

トランスフォーム!

では、ほぼ取説通りにビークルモードに変形してみますね〜。

変形01

オーバーシールドの先端を折り畳み、赤矢印部分をスライドします。

 

変形02

武器ラックを起こして、背中にシールドを裏向きに取り付け。

 

変形03

胸パーツを起こし、首を押し込む。

 

変形04

両腕、肩アーマーを横に広げ、腰の前掛けアーマー、サイドアーマーを広げる。

 

変形16

つま先を折り畳み、

 

変形17

左右のタイヤ部をそれぞれ180度回す。

 

変形05

下半身を前後180度回転させ、かかとを上下180度回転させる。

 

変形06

グリル部分左右ともを回転して倒し、脚を閉じる。

 

変形07

上半身を起こし、広げていた腕を下ろして前方にたたむ。

 

変形08

腰のサイドアーマーを前方に倒し、車体横を閉じる。

 

変形09

肩アーマーを回転させて閉じ、下に下ろす。

 

変形10

ヒジを後方に曲げる。

 

変形11

シールド部の下部を展開。

 

変形12

シールドのパーツをパタパタと広げていく。

 

変形13

リア部の付け根から90度倒し、サイドを閉じる。

 

変形14

リア部のタイヤハウスを起こす。

 

変形15

最後に、車体底面に武器を取り付ければ完成double exclamation

 

変形16

アックスがちょっとはみ出るけどね。。。

ビークルモード

ではビークルモードもザザッと並べますね〜。

ビークル01

ビークル02個体差はあるかもしれませんが、
ひとつずつキッチリ変形させていくと、
かなりキレイにパーツが閉じますね。

ビークル03ビークル04

ビークル05

ビークル06

ビークル07

ビークル08

やっぱこの、ちょっと仰いだ感じのアングルがカッコいいですよね〜。

 

ビークル09

各所に噛み合わせ用のツメがあり、
かなりピッチリとパーツ同士が閉じて気持ちいいです。

総 評

さて、今回の「TLK-15 キャリバーオプティマスプライム」の南東的評価は、

(4.0)

前作『ロストエイジ』時の「AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」からのリデコ版という事で、
見た目的にはほとんど変更はなかったものの、
一番気になった「背負いもの」がスッキリなくなった事で、
劇中イメージに非常に近いスマートな姿になりましたね〜。

けどやっぱり、あの背負いものはなくなったワケじゃなくって、
出来るだけ違和感なく外す事にしたっていう、
ある意味「余剰パーツ」なんですよね〜。

 

その部分についてはおそらく賛否分かれるところだと思いますが、
この仕様でなければ、少なくとも僕は今回も購入はスルーしていたと思います。

むしろ、よくあの劇中の無謀な変形を
ここまで実現出来たなexclamation
と本当に見事な素晴らしいトランスフォームを実現しています。

しかも、ビークルモード、ロボットモードとも、
めちゃくちゃカッコいいdouble exclamation
このカッコ良さを両立してしまうなんてっdouble exclamationdouble exclamation

 

間違いなく、現時点でベストな
(ロストエイジ以降デザインの)オプティマスプライムですね〜。うれしい顔

冒頭にも書いた様に、
ぶっちゃけ、ロストエイジでのデザイン、
ビークルモードの片鱗すら残さないロボットモードが
どうにも納得いってないんですが、

今回のこの「キャリバーオプティマスプライム」は、
本当にカッコいいと思えますうれしい顔

 

しかし、
やはり惜しむらくは、レビューにも書いた様に、
足首関節の弱さや、各関節のクリック幅の大きさ、
そして僕がいつもかなり重視している
足首の可動域の狭さかなぁ〜。。。

そうお安くはない商品を
自分で改修しないといけないってのはちょっとどうかと思うし、
足首の関節もせっかくのボールジョイントが生かし切れてないですよね〜。

 

それと、最初見た時に気になったのが、
ふくらはぎが、がらんどうなトコ。

ふくらはぎ

ポッカリ穴が空いてます。

ビークル時に足先が収納される場所なんですけど、
コレ、どうにかカバー出来なかったのかなぁ〜。冷や汗 (顔)

 

それと、青色部分は、AD31ではメタリックな青色に塗装されており、
もう少し高級感はあったかな?
今回のは、ルーフの成形色に、ちょっとマーブルっぽい模様が入っちゃってんですよね。
それほど気にはならないんだけど。

ルーフといえば、
この部分が肩アーマーになるんだけど、
やっぱり肩アーマーには、ファイヤーパターンが欲しかったかなぁ〜。。。

 

などなど、
言い出したらキリが無いし欲張りすぎなのも分かりますが、

現時点でのロストエイジ以降のオプティマスのベストではあるけど、
まだ「オプティマスプライム」のベストではないかな、と思います。

そういう意味で、
まだ頑張れるんじゃないかな?っていう期待を込めて
星-1とさせていただきました。

 

とは言え、
あの劇中のムチャクチャな変形をメチャクチャ頑張って再現してますからね〜、
『ロストエイジ』『最後の騎士王』バージョンのオプティマスとしては、
充分ありだと思いますよ〜。わーい (嬉しい顔)

 

↓グハッexclamation値下がりしすぎなんですけど・・・。

↓こちらはゴールドベクターシールド付

(2017/8/6 追記)
セブンネット限定のダークオプティマスプライム
そして映画を見たあとの
この「キャリバーオプティマスプライム」は
ちょっと小綺麗すぎるかな、という印象。

ピカピカ・テカテカ、
そしてインパクトのあるシールドは魅力的だし、
めちゃカッコイイのは間違いないですけど、

ぶっちゃけ、
今は造形や遊びやすさの点で「セブン限定・ダークオプティマス」の方が
気に入っています。

 

では以上、「トランスフォーマー TLK-15 キャリバーオプティマスプライム 初回限定版」でした〜。わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - トランスフォーマー フィギュア レビュー


コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.