【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》トランスフォーマー最後の騎士王 ホットロッド TLK-20【玩具】

      2017/11/05

ホットロッドイメージ

トランスフォーマー TLK-20 オートボットホットロッド

今回ご紹介するのは、トランスフォーマー 最後の騎士王に初登場のホットロッド (TLK-20)です。
正直なところ、ロボットモード時の胸の形状や、
脚の造形に納得がいかなかったんでスルーするつもりでいたんですが、
息子が「ランボルギーニが好きだ」と言うし、
お値段も安いので買った次第・・・。

けど結果的には「買って良かったな」という感想だったのでレビューしてみます。わーい (嬉しい顔)

登場作品 トランスフォーマー 最後の騎士王(実写映画)
メーカー タカラトミー
メーカー希望小売価格 3,024円(税込み)
発売日 2017年9月16日
全高 約140mm

パッケージ正面

パッケージ裏

パッケージサイド01

パッケージサイド02

スポンサーリンク

商品内容

取扱説明書

取扱説明書

 

取説は表裏ですが、変形行程は14ステップと非常に少なめ。
と言うか、取説を見なくても変形が出来る程簡単でした。わーい (嬉しい顔)

 

ホットロッド01

武器持ち手なのに、何と武器無し、本体のみ。

AD26 ロックダウンのリデコという事ですが、
ロックダウンは持ってないんで詳しくは分からないけど、
見たところ、造形的にはロックダウンと同じなのは
足先と首元の変形機構部くらい。

思っていた以上に造形も塗装もキレイ。
けどココまで変えたんなら、
足先もホットロッド仕様に変えて欲しかったねぇ・・・。冷や汗 (顔)

あとはやっぱり、
胸板の向きがちょっとアレだけど、
これも手にしてみると
思った程には気にならないね。

ホットロッド(ロボットモード)

ホットロッド正面非常にスリムでスタイリッシュ。

ホットロッド横

 

ホットロッド背面

結構背負ってますね。冷や汗 (顔)

 

ホットロッド上半身

上半身。
画像では分かりにくいかもですが、
「真っ黒」ではないんですね。

かなり濃い目のガンメタって感じで、
細か〜い粒子状のメタリックが入ってて、
光の当たり方で若干色味が変わります。わーい (嬉しい顔)

 

ホットロッド顔

顔はなかなか独特ですよねぇ〜。猫2

何だか中国の孫悟空っぽいと思うのは僕だけでしょうか。。。

あっ、このくらいの大きさになると、
胸のちょっとキラキラした感じが分かるでしょうか??

ちなみに一応目と後頭部はクリアパーツなんですが、
全く集光しません。冷や汗 (顔)

 

ホットロッド腹部

ここら辺、
非常にシルバーの塗装がキレイなんですよね〜。

あぁ〜、MPM4オプティマスも、
このくらいの塗装をして欲しかったよなぁ〜・・・。げっそり (顔)

 

ホットロッド足下

う〜〜〜む、
ここは言わずもがな。

ロックダウンの足先です。冷や汗 (顔)

他はなかなかの様変わりしてるのに、
ココ何とかならんかったんかいな。

 

ホットロッド手

このお手ても・・・。冷や汗 (顔)

武器が付属してれば許せる形状だったかな・・・。猫2

 

ホットロッド腰

ホットロッドの腰部を横から見た所。

マクロスのVF-1と似た様な変形の為
脇がスカスカなんですけど、
この脇カバーを閉じる事で
このスカスカ感がかなり軽減されているのですね。

細かい所ですが、なかなか嬉しい仕様ですね〜。指でOK

 

腕可動

可動に関しては、
全体的にあまり広いとは言えないですね。

腕はご覧の通り。
肩パーツが頭部にぶつかる為、
真横に腕を広げる事は出来ません。

肩はボールジョイントなんで、
真上に上げるのは可能。

ヒジは90度までは曲がりませんね〜。

 

脚可動

股関節は前後回転はクリック式になっており、
割と固定はし易いですが、
1クリックの幅が結構広め。

ヒザは90度までは曲げられません。

足首は変形の恩恵で
後ろ側には広く動きますが、
前側と左右には動きません

ホットロッド ポーズ

では、ホットロッド・ロボットモードのポーズをいくつか並べますね〜。

ポーズ01

ポーズ02

ポーズ03

ポーズ04

足首が左右に動かないので、
接地性は良いとは言えませんね。

ある程度ポーズは限られて来ますが、
本体自体が軽量なので、
少々の前傾姿勢なら意外と倒れなかったり。わーい (嬉しい顔)

 

 

ポーズ05

 

ポーズ06

ディスプレイスタンドは付属していません。
魂ステージを股間後ろ側の3mm穴に取り付けてます。

 

ポーズ07

ポーズ08

股関節は横によく開きますね〜。

トランスフォーム(ロボット⇒ビークル変形)

変形はホント、
取説見なくても出来るくらい簡単だけど、
取説通りに変形してみま〜す。わーい (嬉しい顔)

変形01

ロックを外して背中を持ち上げ、
さらに背骨板から背中を外す。

 

変形02

足先を伸ばして、ヒザ下を外側に回転、両脚を閉じる。
そして、ボディを180度回転させる。

 

変形03

脇腹にあったカバーを外側に開く。

 

変形04

取説には書いてなかったけど、首を後ろ側に向け
下半身を折り畳む。

首は後ろ向けなくても一応下半身を畳む事は出来るんですけど、
確実に顔がこすれるので、
多分後ろ向けるのが正しんでしょう。。。冷や汗 (顔)

 

変形05

胸部を左右に開いて
ボンネット中央からフロントガラスのパーツを下ろして来る。

 

変形06

ヒジから下を展開して180度回転。

 

変形07

腕部をボディに接続。

 

変形08

リアを閉じる。

ランボルギーニ・チェンテナリオ(ビークルモード)

ビークル01

ひえぇ〜〜〜〜っ、
めっちゃカッケーーーdouble exclamation

 

ビークル02

ビークル03

後ろ側の塗装がちょっと寂しいのが残念ですけどねぇ〜〜。。。

それとちょっと気になったのが
見えるかな、穴、2つ開いてるよね。

コレ、リアウィングでも付け忘れてんのかな、
って最初心配したんですけど、
単なる可動軸ピンの穴でした。。。冷や汗 (顔)

スーパーカーなんで、
大きめのウィングあっても不思議じゃないよなぁ〜って。

 

ビークル04

ビークル05

この薄さがまたタマらんねぇ〜〜〜。うれしい顔

前部もちょっと色が足らないんだけど、
ホイールのシルバー塗装もキレイだし、
ランボルギーニの監修が入っているだけに
かなり精密な出来映え。

ビークルモードで飾ってもカーモデルとして全く遜色がない美しさ・・・。目がハート (顔)

 

ビークル06

ビークル07

けどやっぱ気になるこの穴。。。冷や汗 (顔)

 

ビークル08

こんな細かい造形のランボルギーニ・チェンテナリオですが、
手の平サイズのこんな小ささdouble exclamation

 

エンブレム01

前面にあるランボルギーニのエンブレムもこんな極小サイズですが、

 

エンブレム02

何とLAMBORGHINIが読み取れる程の細かさdouble exclamation

恐るべし、ランボルギーニ監修。うれしい顔

 

このランボルギーニ・チェンテナリオは、
創設者であるフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100年を記念して
2016年に公開された40台限定のスーパーカーなんですよね。

「チェンテナリオ」のネーミングは
イタリア語で「100周年」を意味するんだとか・・・。

そのまんまかdouble exclamation

そしてお値段は175万ユーロ、
日本円にして二億円超えだとか・・・。冷や汗2 (顔)

それでも一般公開前に即完売だったと言いますから恐ろしい。。。げっそり (顔)

 

よくもそんなモンスターカー、
トランスフォーマーに登場させられたよねぇ〜。

↓ちなみにコレが本物ね。

って言うか、
後ろに大きいウィングが・・・。

総 評

最初はあんまり買う気のなかったホットロッドでしたが、
冒頭にも書いた様に、思った以上に良かったのでしてみた
今回のレビュー。

今回のTKL-20 ホットロッドの南東的評価は。

(4.0)

星4.0です。

 

お値段は2,000〜3,000円程と
非常にお安く、デラックスクラスという事で
大きさ的にも非常に遊び易いサイズ。

また変形も決して難しくないので
それこそ小学校低学年でも遊べる敷居の低さ。

 

開封した時には、
まぁ、お値段なりかなぁ〜とも思ったんですが、
塗装は少し足りない部分もあるものの、
非常にキレイだし
なによりビークルモード、チェンテナリオの造形が
とにかく秀逸。

車体が黒いという事もあるんだけど、
変形の分割線がホントに目立たなく
カーモデルとしても充分成り立つ出来映え。

 

ただ惜しいのはやはり武器がない事。

ロボットモードの胸、脚先がちょっと残念なトコ。

さらに言えば、
足首の関節が左右に可動出来れば
なお良かったかな、という気もしますが
そこはまぁ、許容範囲としますかね。

 

 

とにかく、
それほど高くなく良いものを、
という事ならこのTLK-20 ホットロッドはオススメですよ。わーい (嬉しい顔)

以上、トランスフォーマー TLK-20 オートボットホットロッドのレビューでした~。わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - トランスフォーマー フィギュア レビュー


 comment
  • オオノジョウ より: 2017/11/03(金) 12:29 PM

    初めておじゃましました。
    以前に私のビーダマンブログに足跡を残していただいていたので、遅ればせながら拝見したのですが、記事がすごく詳細ですね〜!!素晴らしい!!
    写真もいいし、商品の魅力が伝わりました。ロボット状態とスーパーカー状態のどちらもがプロポーションが良くって驚きです。
    また来ます!!

    • 南方東方 より: 2017/11/05(日) 1:31 AM

      初めまして!
      あ、足跡ですか・・・?
      アメブロとかでしょうかね??
      アメブロ同士でなくても
      足跡って残るモンなんでしょうか・・・?

      人様のブログはあまり拝見しない方なんで
      ちょっとどちらから来られたのか分からないんですが、
      いらっしゃいませ (^^)

      宜しければまたどうぞお越し下さいませ!

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.