【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

《レビュー》コグマン TLK-29【トランスフォーマー最後の騎士王 玩具】

   

TLK-29コグマンイメージ

トランスフォーマー TLK-29 コグマン

今回ご紹介しますのは、映画『トランスフォーマー 最後の騎士王』に登場の、TLK-29 デラックスクラス コグマンです。

しばらくの発売延期となり、年内に発売するんだろうか・・・
と思っていましたが、ギリギリの12月28日に発売されました。わーい (嬉しい顔)

一体何があったんでしょうね・・・。
もしかしたら海外版から、何かしらの変更が加えられるの?
とも思ったけど、特に変わった様子もないしね。

パッケージ正面

パッケージ裏面

パッケージサイド01

パッケージサイド04

登場作品 トランスフォーマー 最後の騎士王(実写映画)
メーカー タカラトミー
メーカー希望小売価格 3,200円(税込み)
発売日 2017年12月28日
全高 約130mm

スポンサーリンク

商品内容

ブリスターパック

ブリスターパック

 

取扱説明書

取扱説明書

 

取説は裏表。

 

コグマン正面

コグマン本体の他に、ソードが付属。
あっ、正確には、ヘッドマスターであるコグマン本体は頭部だけですけどね。

 

コグマン斜め

 

コグマン横

 

コグマン後ろ

う~ん、
この時点で思ったのは、足首が左右には可動しないので
この程度の開脚でも、立たせるとやや不安定
非常に接地性は悪いですね。

 

ソード

付属のソード。
黒の成形色に、刃の部分はグレーで塗装されています。

ヘッドマスター・コグマン

これまでのトランスフォーマーと違うのは、
「ヘッドマスター」という種族で、コグマン自身はビークルへの変形はしないって点ですよね~。

通常は人間と同サイズで、トランスフォーマーの頭部に変形するっていう
まるで鋼鉄ジーグの様な設定なんですけど、
劇中では結局変形しませんでしたね。猫2

 

で、このTLK-29でも頭部が外れての変形ギミックがあるワケですね~。

ヘッドマスター変形

 

後頭部が展開して脚になるという、非常にシンプルな変形。

 

コグマン姿

腕は若干ですけど外側に開く事が出来ます。

頭部であった時のフェイスは、ロボットモード時には
まるまる背負う事に。。。冷や汗 (顔)

両足はくっついてて、左右に開く事は出来ません。

 

コグマン大きさ

大きさはこんな感じ。全高36mmです。

 

コグマン斜め

顔は、ヘッド時の方が実際のコグマンっぽいですね。冷や汗 (顔)

 

コグマン腕

腕は肩のみ前後方に回す事が出来ます。

 

コグマン首

コグマンの頭部は、ヘッド時の接続部である軸になるので、
左右の回転と、若干の前後左右スイングが可能。

 

コグマン体育座り

こんな体育座りも出来ますよ。わーい (嬉しい顔)

 

他の遊び方として、

ニトロヘッドマスター

 

ヘッドマスターギミックのある他のトランスフォーマーの頭部を、
トランスフォームしたコグマンに差し替えられます。
上の画像はニトロのボディー。

こういうギミックって面白いけど、持ってないと「つまんね」ってなっちゃうよね。猫2

細部と可動

上半身

頭部も含め、ボディーの至る所には、程よくウェザリングが施されています。

決してやり過ぎ感はなく、(と言っても多分、個体差はあると思いますけど)
経年、使用感が出ています。

まぁ、ベースカラーがグレーで結構淡泊なビジュアルなんで、
多分この位しないと、かなりノッペリした感じになっちゃったんでしょうね。

要所要所でゴールド塗装がされてますけど、劇中よりはちょっと足りない感じです。

 

胸部

 

脚

写真撮ってから気付きましたけど、
膝下は結構大胆なウェザリングしてますね・・・。冷や汗 (顔)

それに比べると、太もものあたりは逆に
ちょっとキレイ過ぎますね~。

 

ヒザ可動

コレはちょっと・・・と思ったのが膝の可動域。

ヒザにはクリックが入っているんですけど、
コレが何と、上の写真の3段階しかないんですねdouble exclamation 冷や汗2 (顔)

ヒザの角度がこの3種類しか選べないdouble exclamation

あ~、イヤ、
正確にはクリックじゃなくて、
実はヒザ関節部に干渉する箇所が2つあって、
そこを境に3段階ってだけなんですよね。

そこさえ削ってしまえば
自由に動かせるようにはなりそうですけど、
ピン外したりしなきゃいけないんで、
結構めんどくさそう。。。猫2

 

片膝立ち

で、足首は前方にしか曲げる事が出来ないんで、
片膝立ちさせようとすると、こんなんなっちゃいます。冷や汗 (顔)

う~む、
ヒザと足首の可動に難ありですね~。

 

開脚

股関節は割と開くんですけどね。

ポージング

では、ロボットモード時のポージングを何枚か並べま~す。

ポーズ01

大きな開脚のポージングはちょっと苦手なコグマンです。

 

ポーズ02

 

ポーズ03

これなんか、実は結構シーソー状態だったりします。

 

ポーズ06

 

ポーズ04

こういう、シュッとしたポーズの方が合っているかもしれません。

 

ポーズ05

トランスフォーム!

では、ほぼ取説の手順通りに、ビークルモードに変形exclamation

変形01

頭を外す。

 

変形02

両腕、両脚を開いて、股間パーツを開く。

 

変形03

膝下を内側に向け、タイヤ部を展開。
両脚を閉じる。

 

変形04

前腕部のパーツを開いて、上腕部と接続。

 

変形05

手首を収納する。

 

変形06

ルーフを後ろに移動。

 

変形07

ボンネットを上に引き上げてから180度回転。
再び下に押し込む。

ココ、上に引き出してから回転させないと破損するんで注意。

バンパーを起こす。

 

変形08

車体のサイドを閉じる。

 

変形09

胸パーツを開く。

ココ、開いた側のスミ入れ、ウェザリングがされておらず、
真っ白ってのが残念ですね。

 

変形010

ビークルモード完成double exclamation

 

ソード収納

付属のソードは車体裏に取り付ける事が出来ます。
・・・けど

もう少し、後ろはみ出さん様に出来んかったんかな。冷や汗 (顔)

ビークルモード

ビークル01

 

ビークル02

 

ビークル03

 

ビークル04

 

コグマン運転席

コグマンはヒト型にして運転席に座らせる事も出来ますよ。わーい (嬉しい顔)

 

ニトロに搭乗

頭交換をしたニトロのビークルモード時にも
コグマンを搭乗させる事が出来ます。指でOK

総 評

さて、発売が数ヶ月延期になった、
今回のTLK-29 コグマンの南東的評価は、

(3.0)

星3.0です。猫2

 

まぁ正直、「お値段なり」って感じです。

変形は非常にオーソドックスで特に目新しい点はなく、
ぶっちゃけ、変形を楽しみたい人にとっては
かなり物足りないです。。。がく〜 (落胆した顔)

 

変形時のコグマンの頭部については、
結構劇中再現度は高めかと思います。

 

そして、関節。
足首は変形の恩恵で前方には曲げられるけどそれだけ。
開脚立ちした時の不安定さといったらないです。がく〜 (落胆した顔)

しかしまぁ、これは他のTFでもよくある事ですけど、
コレに加えて、ヒザが2段階にしか曲げられないってのは
正直かなり痛いです

極端にポージングの幅が狭まります。

 

変形好き、ポージング好きにとっては
非常にプレイバリューが低めですね。

 

唯一、楽しめる点は
ヘッドマスターとしてギミックのある
他のTFと頭交換出来る事でしょうかね。

運転席に座らせる事も出来るし。

けど逆を言えば、
そのギミックを持ったTF持ってれば楽しめるけど、
持ってなかったら
その魅力はだいぶ減っちゃうと思います。

数ヶ月発売延期になって待たされて
年内最後がコレってのは、
ちょっと残念かなぁ~。

オプションでマグロとか付いてたら
遊ぶ要素無かったとしても
めっちゃ高評価だったんだけど。。。冷や汗 (顔)

 

造形自体は悪くないし、
デラックスクラスでお値段も安めなんで
まぁ、こんなもんかなって感じではありますけど、
同じデラックスクラス買うなら
TLK-20 ホットロッドの方がおススメかな??

 

では以上、トランスフォーマー TLK-29 コグマンのレビューでした~。わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - トランスフォーマー フィギュア レビュー


コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください