【玩ホレボ】

玩具(おもちゃ)レビュー・超合金/変形ロボット/フィギュアなど

トランスフォーマー オプティマスプライム ラスティver. 玩具レビュー

      2017/08/08

今回ご紹介しますのは、トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズから

トランスフォーマー オプティマスプライム ラスティver.
(トイザらス限定)

IMG_5190

IMG_5192

(画像はクリックで拡大できます。)

 

登場作品 トランスフォーマー ロストエイジ(実写映画)
メーカー タカラトミー
メーカー希望小売価格 5,399円(税込み)
発売日 2014年8月8日
全高 約19cm(ロボットモード時)

ラスティ(Rusty)とは『さびついた、さび色の』という意味ですが、
その名の通り、さびついたオプティマスプライムです。

スポンサーリンク

ビークルモード

IMG_5194

IMG_5198

IMG_5201

映画『トランスフォーマー ロストエイジ』の序盤に登場する
ボロッボロのトラック状態のオプティマスプライムを再現している設定なんですが、
錆び付き感ハンパないっスね冷や汗 (顔)

いいですねぇ〜、ビークルモードexclamation
経年感、廃車感が遺憾なく表現されてます。

車体はもちろん、タイヤホイール、武器であるイオンキャノンも赤サビまくってます。
そのイオンキャノンは後ろに装着する事が出来ます。

車体の汚れ、サビ感は何と驚いた事にプリントdouble exclamation
手にするまで、画像で見ている時はどうしてるんだろうと思ってたんですが、
印刷とはね〜。
というか、トランスフォーマーではよくありがちなんですが、
パッケージとか宣材写真と実物、結構印象違うんですよね。。。

まぁ、印刷ならイメージの個体差出ないし、良い感じに
表現出来ていると思います。

IMG_5206

大きさはこんな感じ。
結構小さい様に見えますが、遊びやすい、程よい大きさです。

ロボットモードに変形

では、ビークルモードからロボットモードに変形double exclamation

IMG_5208

IMG_5214

屋根部が腕になっているのですね。頭部もフロントから出て来ました。

IMG_5218

車体前後をひっくり返しました。

IMG_5219

IMG_5222

IMG_5230

IMG_5236

IMG_5237

IMG_5226

ジャキーーーン!

 

うっは、カッケー 目がハート (顔)

トランスフォーマーは、同じ機体でも、
どれも変形のシークエンスが違っていて面白いですね〜。
「正解」が無いから毎回楽しめます。

このモデルは、『AD02 クラシックオプティマスプライム』のリカラー版で、
「クラシック」の方はフェイスがマスクオフなのに対し、
こちら「ラスティーVer.」はマスクオンになっています。

いずれも大変関節の可動範囲が広く、
またプロポーションも非常に良いので、色んなポーズがビシッと決まります。

IMG_5256

実際の設定通り、フロントガラスとヘッドランプが胸部にありますが、

IMG_5257

アレッexclamation and question
ここにもヘッドランプが・・・であったり、

IMG_5259

フロントガラスが肘にもあったりして、
何とも斬新な腕の曲がり方をしております。冷や汗 (顔)

でも良いんです。
トランスフォーマーは自由なんですっdouble exclamation

IMG_5254

IMG_5252

IMG_5246

ガスンッ!

こんな危なっかしいポーズでも耐えてみせてくれます。

IMG_5267

IMG_5263

IMG_5265

ウォッ!!

こんなポーズでもまだ大丈夫。
すごい安定感です。

って言うか、
こんな殴られたっぽいポーズばっかでゴメンよ、オプティマス。
でも、ロストエイジでは、何だかやられてる感が強かったんだよね。。。

IMG_5269

IMG_5241

膝立ち姿もカッコいい

IMG_5262

IMG_5260

最後は決めておこうわーい (嬉しい顔)

総 評

さて、大変珍しいカラーリングのオプティマスプライム ラスティVer.
いかがだったでしょうか。

さてさて、今回の南東的評価は

(4.5)

概ね満足な出来です。
プロポーション良し、可動よし、変形も面白い。
しかし、『ディオ様』の時もそうでしたけど、
パッケージや宣材写真との印象の違いというのが
ちょっと引っかかりました。
パッケージ写真の方は、ここまで赤サビ感はなく、
各部に適度に配されている感じで、
白さも、本当に白砂やほこりをかぶって『まっ白』っていう印象で、
戦いに疲れた戦士を思わせます。
これに対し、実物の方は、赤サビが各部に集中して固まり過ぎているので
どうもバランスが悪い様に感じました。
またボディの白さも、ホコリや白砂という感じではなく、
ややクリーム色な感じなので、
これまたもう一つ、リアルさとまではいかないかな、という印象。
ツヤっぽいのもあって、ちょっとプラスチック感が出ちゃってますかね。
全体的には、こういう『汚し感』は好きなんで
非常に気に入ってはいますが、
『もう一息』と思うだけに、少々マイナスとなってしまいました。

でも、
コレクション的にも面白いモデルだし、
非常に目を引く、カッコいい出来になっていると思います。

 

では以上、トランスフォーマー オプティマスプライム ラスティver.(トイザらス限定)レビューでした〜わーい (嬉しい顔)

スポンサーリンク

応援ポチッとお願いします!

 - トランスフォーマー フィギュア


コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください